祈祷、先祖供養、使わなくなった神棚、お宮、仏壇、仏像、法具など気になることがあればご相談ください。

PCR検査の裏と利権とは…?

ちょっと気になる記事があった

こちら→https://web-willmagazine.com/social-history/W2AtR

PCR検査を万全にできる体制を整えるべきと躍起になってる某東大の某児玉教授についてだ。

PCR検査は開発したキャリー・マリス氏本人が「ウイルスを検出するものではない」と警鐘を鳴らしている。

続きを読む PCR検査の裏と利権とは…?

神さま報連相

暮れの山伏のひとりごとです、笑

神さまにお願いするのはいいけどなぁ

お願いする神さまが何の神さまかも知らないで

お願いしてもなぁ

吉野家でドヤ顔で「ピザ!!(╹◡╹)」とか言ってるようなもんだよなぁ。

そんな奴には百歩譲っても

お冷しか出てこないだろうなぁ。

社名も事業も知らずに

「御社に入社したいですp(・ω・)q」

とか言ってるようなもんだよなぁ。

「うちはいつでも募集してるから

いつでもエントリーしてね」

ってパンフレットと試供品でも渡されるんだろうなぁ。

たとえば軍神に恋愛成就祈願してもなぁ

「うむ、相手を叩きのめせばよいのじゃな」

っていうことでええんかいなぁ。

さらにお願いする相手を知りもしないどころか、

「どこそこの誰べいです」

それすらも名乗りもしないでお願いしても

神さまだって誰の願いなのか

わからなくなって当然だよなぁ。

意外とスカスカとスルーされてるんだろうなぁ。

子供だってサンタに名前と住所くらいは

伝えておねだりするのにねぇ。

一番大事なのは今年お願いした神様への

お礼参りだよなぁ。

本来神社は感謝をしに行く場なのに

それもしないで次のお願いしてもなぁ

神さまからしたら

「御宅の普段の人間関係って

それで成り立ってるの?」

って話になんだよなぁ。

願かけてその結果を報告しなきゃ

自分の願かけのPDCAにもならないしなぁ。

お礼参りって神さま報連相だと思うんだよなぁ。

お願いをしたら報告と感謝をする

これが願かけのサイクルなんだよなぁ。

そこから次の抱負や展望へ繋がると思うんだよなぁ。

そう考えると遠方の神社で願かけするのは

余程の覚悟じゃないと

あとが大変なんだよなぁ。

お礼参りまでするつもりがないなら

それは結局そんなに大したお願いじゃない

ってことなんだよなぁ。

継続は力なりって言うけど

一見さんよりは常連さんが優遇されるのは

どこでも一緒だと思うんだよなぁ。

神さまももとは人だったわけだしなぁ。

可能力って神さまPDCAの

サイクルの中に蓄積されてるんだと

思うんだよなぁ。

【発症抑制?それって無症状感染者では?】

【発症抑制?それって無症状感染者?】

案の定、日本でもワクチンは

「感染は防がないけど発症は抑える」

と目的がすり替えられてきましたね。

「イスラエルの研究によると

感染は防げないが

94%発症を抑えられる

92%重症化を抑えられる

よって有効です」

ワイドショーでこんな情報を提示されて

あぁ素晴らしい、

これでやっと…と

受け取れるものなのでしょうか?

“感染は防げないが

発症は抑えられる”

これがもたらすものは、

日本が世界で先駆けて騒いでいる

マスクに並ぶ伝家の宝刀

“無症状感染者”に他なりません。

「いやいや今回の遺伝子ワクチンは

抗原は使っていないから」

という反論はナシです。

なぜならば、

感染は防げず発症が抑えられるのならば、

仮にどこかで知らずに感染したら

同じ無症状感染者になるからです。

しかも発症を抑制されるから

感染してもわからないことになります。

その時人ごみを避けて

安静にしなくていいのでしょうか?

わからないからできません。

「抗体によって抑えられるのだから安全だ。」

抗体って感染させないためのものでしたか?

抗体は別に他者への感染を

防ぐためのものではありません。

当たり前ですが、自分の体内を守るものです。

感染した際に体内から侵入者やゴミを

排除するチリトリです。

(そしてこのチリトリに特異性はありません)

排除するから発症を抑えられるのです。

発症を抑えられれば他者へ感染はさせません。

よく考えてみましょう。

これって無症状感染者も同じですよね。

「何を言っている、無症状感染者は抗体を持っていないから感染させるんだ!」

いや、発症抑えられる人は

感染させないんでしょ?

そういう理屈でワクチンやるんでしょ?

ではなぜ抗体を持っていなくても

無症状感染者は症状を

抑えられているのでしょうか?

答えはエネルギー代謝が回って

免疫が機能しているからにほかなりません。

エネルギー代謝がまわり

免疫がきちんと機能している健常者は

抗体は持っていなくとも

貪食細胞の働きで

感染した場合にも発症は抑えられます。

(エネルギー代謝が高いと細胞のバリア機能も高いのでそもそも感染しにくい)

これはワクチン接種者の

“感染はしても発症は抑えられる”

と見かけ上は同じ状態です。

唯一のちがいは抗体があるかないかだけ。

しかしこれまでの研究でも

必ずしも抗体は必要でなく

貪食細胞が機能すれば

感染症は防げることがわかっています。

ここまで話の流れを書いていて、

「マスクしたからインフルは減った、

マスクしないからコロナは減らない」

この構造とずいぶん似てる気がするなと

思いました。

オレオレ詐欺に引っかかる人が後をたたないのも

なんだかわかる気がしてきます。

スジを通して判断できないと

うまく言いくるめられやすいですからね。

そもそも「ワクチンは感染を防ぐため」

という触れ込みで期待され、

その感染を防ぐために

飲食店は不要な自粛で痛手を被り

我々は経済的にも精神的にも痛手を被り

導入を待っていたのに、

肝心の感染を「防げない」では

もはやこれは詐欺でしかないでしょう。

いかにやっていることが無意味なものか

日に日に明らかになっていきますね。

ハーパー博士に精神的圧力をかけたのは誰? 子宮頸癌の専門家がHPVワクチンの警告を撤回した!

マイク・アダムス(ヘルスレンジャー)
— 読み進める ja.naturalnews.com/jabuzz_buzz000017.html

子宮頸癌ワクチンの開発者、ダイアンハーパーはそのリスクを数年前から警鐘しつづけていながら、ある日から突然それまでの発言を否定し始めた。

よほどのことがない限りこういう180℃ひっくり返ることはないですよね。

人生修業三昧なり。山岳信仰の里の行者です。山伏でもあります。