PCR検査の裏と利権とは…?

ちょっと気になる記事があった

こちら→https://web-willmagazine.com/social-history/W2AtR

PCR検査を万全にできる体制を整えるべきと躍起になってる某東大の某児玉教授についてだ。

PCR検査は開発したキャリー・マリス氏本人が「ウイルスを検出するものではない」と警鐘を鳴らしている。

続きを読む PCR検査の裏と利権とは…?

神さま報連相

暮れの山伏のひとりごとです、笑

神さまにお願いするのはいいけどなぁ

お願いする神さまが何の神さまかも知らないで

お願いしてもなぁ

吉野家でドヤ顔で「ピザ!!(╹◡╹)」とか言ってるようなもんだよなぁ。

そんな奴には百歩譲っても

お冷しか出てこないだろうなぁ。

社名も事業も知らずに

「御社に入社したいですp(・ω・)q」

とか言ってるようなもんだよなぁ。

「うちはいつでも募集してるから

いつでもエントリーしてね」

ってパンフレットと試供品でも渡されるんだろうなぁ。

たとえば軍神に恋愛成就祈願してもなぁ

「うむ、相手を叩きのめせばよいのじゃな」

っていうことでええんかいなぁ。

さらにお願いする相手を知りもしないどころか、

「どこそこの誰べいです」

それすらも名乗りもしないでお願いしても

神さまだって誰の願いなのか

わからなくなって当然だよなぁ。

意外とスカスカとスルーされてるんだろうなぁ。

子供だってサンタに名前と住所くらいは

伝えておねだりするのにねぇ。

一番大事なのは今年お願いした神様への

お礼参りだよなぁ。

本来神社は感謝をしに行く場なのに

それもしないで次のお願いしてもなぁ

神さまからしたら

「御宅の普段の人間関係って

それで成り立ってるの?」

って話になんだよなぁ。

願かけてその結果を報告しなきゃ

自分の願かけのPDCAにもならないしなぁ。

お礼参りって神さま報連相だと思うんだよなぁ。

お願いをしたら報告と感謝をする

これが願かけのサイクルなんだよなぁ。

そこから次の抱負や展望へ繋がると思うんだよなぁ。

そう考えると遠方の神社で願かけするのは

余程の覚悟じゃないと

あとが大変なんだよなぁ。

お礼参りまでするつもりがないなら

それは結局そんなに大したお願いじゃない

ってことなんだよなぁ。

継続は力なりって言うけど

一見さんよりは常連さんが優遇されるのは

どこでも一緒だと思うんだよなぁ。

神さまももとは人だったわけだしなぁ。

可能力って神さまPDCAの

サイクルの中に蓄積されてるんだと

思うんだよなぁ。

宿命

月によって地球のみ重力場の変動が大きい。

その影響で受精した細胞の分裂の仕方が変動するので、生まれた時間によってそれぞれにちがいが出てくる。

これを例えば仏教では宿命という。

このよしりんの説明が非常にわかりやすかった。

今年はずっと月の満ち欠けと遠近関係をみながら体調の変化を観察しています。

マドモアゼル愛さんの月のネガティヴパワーの話なども考えつつ、月の位置によってその人の個性(物質的、精神的)が特定されるというのは腑に落ちつつある内容です。

ホロスコープも然り、算命学も然り、仏教でも宿曜経があるように、天体によって決まる宿命というのは変えられないもの。

それを理解して、どう生きるかが大切です。

占いの本などで書かれている、生まれや星に基づいたなりやすい病気なども、おおもとはこういうった根拠から導き出されたものなので、ただの迷信ではないのです。

科学的な根拠があります。

【新嘗祭×茂る×混沌】

収穫を感謝する新嘗祭

勤労感謝の日は

宮中の神事である
新嘗祭の日が、

敗戦後に書き換えられたものです。

もともとは旧暦11月(新暦の12月中旬〜1月上旬頃にあたる)の
2回目の卯の日でしたが、

明治6年に
太陰暦から太陽暦へ変わる際、
収穫感謝の行事なのに年を越してしまうので、

そのまま太陽暦の11月の2回目の卯の日を定め、それがいまの11月23日であり、そのまま固定されたという、なんとも強引なエピソードがあります。

十二支の起源をみると、
卯は”冒”に由来し、「おおいかくす」という意味があるそうです。

これは万物が成長して、地上を覆い隠す様子をあらわす。

『准南子』でも「卯は茂ることであり、盛んになることである」と記されている。

万物の勢いが盛んになって、生い茂り、地上を覆い尽くす意味が十二支の卯には込められている。

また旧暦十一月は子です。
子も”孳”という漢字に由来し、「うむ」「しげる」という意味になる。

『三礼義宗』では「陽の気がやってきて、しげり始める」とあり、『五行大義』では「陽の気が動き出し、万物が芽生える」様子と述べられている。

子の別号は「困敦」である。

“困”とは”混”、
“敦”とは”沌”を意味しており、
困敦とは混沌をさしている。

冬という時期は子に配当されており、陰の気が極まった状態(冬至ですね)これから陽の気が動き出す時季でもある。

これら由来を踏まえて考えると、本来の旧暦十一月(子の月)の2回目の卯の日というのは、その字の由来通り、

陰極まり陽がうごめく新たに始まる子の月に、

豊作・繁栄を願った日取りだったことが伺えます。

こういう意味を含む日取りに
収穫感謝の神事として新嘗祭は行われていました。

ことしは12月16日(下弦の月)が旧新嘗祭の日取りです。

果たしてこの日がどんな雰囲気なのか、
ぜひ感じてみて下さい。

旧暦 #十干十二支 #新嘗祭 #感謝

山岳信仰の里の行者&鍼灸師です。科学と信仰の統合を。