祈祷、先祖供養、使わなくなった神棚、お宮、仏壇、仏像、法具など気になることがあればご相談ください。

PCR検査の裏と利権とは…?

ちょっと気になる記事があった

こちら→https://web-willmagazine.com/social-history/W2AtR

PCR検査を万全にできる体制を整えるべきと躍起になってる某東大の某児玉教授についてだ。

PCR検査は開発したキャリー・マリス氏本人が「ウイルスを検出するものではない」と警鐘を鳴らしている。

続きを読む PCR検査の裏と利権とは…?

神さま報連相

暮れの山伏のひとりごとです、笑

神さまにお願いするのはいいけどなぁ

お願いする神さまが何の神さまかも知らないで

お願いしてもなぁ

吉野家でドヤ顔で「ピザ!!(╹◡╹)」とか言ってるようなもんだよなぁ。

そんな奴には百歩譲っても

お冷しか出てこないだろうなぁ。

社名も事業も知らずに

「御社に入社したいですp(・ω・)q」

とか言ってるようなもんだよなぁ。

「うちはいつでも募集してるから

いつでもエントリーしてね」

ってパンフレットと試供品でも渡されるんだろうなぁ。

たとえば軍神に恋愛成就祈願してもなぁ

「うむ、相手を叩きのめせばよいのじゃな」

っていうことでええんかいなぁ。

さらにお願いする相手を知りもしないどころか、

「どこそこの誰べいです」

それすらも名乗りもしないでお願いしても

神さまだって誰の願いなのか

わからなくなって当然だよなぁ。

意外とスカスカとスルーされてるんだろうなぁ。

子供だってサンタに名前と住所くらいは

伝えておねだりするのにねぇ。

一番大事なのは今年お願いした神様への

お礼参りだよなぁ。

本来神社は感謝をしに行く場なのに

それもしないで次のお願いしてもなぁ

神さまからしたら

「御宅の普段の人間関係って

それで成り立ってるの?」

って話になんだよなぁ。

願かけてその結果を報告しなきゃ

自分の願かけのPDCAにもならないしなぁ。

お礼参りって神さま報連相だと思うんだよなぁ。

お願いをしたら報告と感謝をする

これが願かけのサイクルなんだよなぁ。

そこから次の抱負や展望へ繋がると思うんだよなぁ。

そう考えると遠方の神社で願かけするのは

余程の覚悟じゃないと

あとが大変なんだよなぁ。

お礼参りまでするつもりがないなら

それは結局そんなに大したお願いじゃない

ってことなんだよなぁ。

継続は力なりって言うけど

一見さんよりは常連さんが優遇されるのは

どこでも一緒だと思うんだよなぁ。

神さまももとは人だったわけだしなぁ。

可能力って神さまPDCAの

サイクルの中に蓄積されてるんだと

思うんだよなぁ。

毎朝のアーシングで

かなり低下していた白血球数が上がった、
という報告を昨日きいた。

3週間くらいでの変化とのこと。

医者はなぜかわからないらしい。

分かる人にはわかる。

科学的根拠をいくつか並べて考えれば
何も不思議ではない。

アーシングはれっきとした治療法なのだ。

メーカーが自社補償もできないような
ポコチンより安全性が高く、
はっきり言って効果も高い。

適した人の場合は
がんや慢性疾患も治る方法のひとつだから。

代謝不全による電子の渋滞には
アーシングはとても深い意味がある。

今年は大流行確実

ワクチンを打つから
スプレッダーが増えて
パンデミックが起こる。

この悪循環にいい加減気づいて欲しいもの。

今年はインフルが流行ると騒いでおり
これに乗せられてみんな打ち始めるので
当然去年より流行るのは必至です。

スプレッダーが増えるので。

誰でも手堅く予測可能なのが
ワクチンとウイルス感染症の関係。

流行ると予測した結果当たるのではなく、

流行ると宣言することで
ワクチン接種が進むから
流行るという手堅い構造がある。

宣言して実行に移すから
結果を出せる。

素晴らしい

本当は余計なことは何もしないのが
感染収束の最大の秘訣。

そこんとこよく見ておいたほうが
良いです、

今回はよくわかるはず。

このシステム理解してるだけで
だいぶ生きやすくなるはずなんですけどね…。

この件は興味ない人たちにはほぼ無縁ですが、

渦中にわざわざ飛び込む人たちにとっては
やはり地獄絵図になる様しか
浮かんでこないわなぁ、

今年の冬は大変よ(┐ε:)

Are US flu death figures more PR than science? | The BMJ

Are US flu death figures more PR than science? | The BMJ
— 読み進める www.bmj.com/content/331/7529/1412

過去のインフルエンザも死亡原因がちがくてもカウントしてパンデミックを煽っているという実績がある。やってることも焼き直しなんだよね。

インフルエンザによる死亡に関する米国のデータはめちゃくちゃです。 疾病管理予防センター(CDC)は、インフルエンザによる死亡とインフルエンザに関連する死亡の違いを認めていますが、これらの用語は同じ意味で使用されています。 さらに、公式の推定値と国の人口動態統計データの間には、重大な統計的非互換性があります。 これらの問題を悪化させるのは、恐怖のマーケティングです。これは、医療専門家がインフルエンザの季節に「悲惨な結果を予測する」CDCコミュニケーション戦略です。

CDCのWebサイトには、一般の人々や科学報道機関で一般的に受け入れられ、広く報道されているものが記載されています。 「肺炎」は、米国で7番目に多い死因です(www.cdc.gov/nchs/fastats/lcod.htm)。 しかし、なぜインフルエンザと肺炎が一緒に束ねられているのですか? 関係は非常に強力であるか、またはそれらを単一の死因として特徴づけることを正当化するために独特ですか?

ハーバード大学保健サービスのディレクターであるデビッド・ローゼンタールは、次のように述べています。 彼らが死ぬのは続発性肺炎です。 これらの肺炎の多くはウイルス性肺炎ではなく、続発性[肺炎]です。」 しかし、ローゼンタール博士は、インフルエンザと肺炎の関係は独特ではないことに同意しました。 たとえば、最近の研究(JAMA 2004; 292:1955-60)は、胃酸抑制薬が地域社会のより高いリスクと関連していることを発見しました…

山岳信仰の里の行者&鍼灸師です。科学と信仰の統合を。