PCR検査の裏と利権とは…?

ちょっと気になる記事があった

こちら→https://web-willmagazine.com/social-history/W2AtR

PCR検査を万全にできる体制を整えるべきと躍起になってる某東大の某児玉教授についてだ。

PCR検査は開発したキャリー・マリス氏本人が「ウイルスを検出するものではない」と警鐘を鳴らしている。

続きを読む PCR検査の裏と利権とは…?

神さま報連相

暮れの山伏のひとりごとです、笑

神さまにお願いするのはいいけどなぁ

お願いする神さまが何の神さまかも知らないで

お願いしてもなぁ

吉野家でドヤ顔で「ピザ!!(╹◡╹)」とか言ってるようなもんだよなぁ。

そんな奴には百歩譲っても

お冷しか出てこないだろうなぁ。

社名も事業も知らずに

「御社に入社したいですp(・ω・)q」

とか言ってるようなもんだよなぁ。

「うちはいつでも募集してるから

いつでもエントリーしてね」

ってパンフレットと試供品でも渡されるんだろうなぁ。

たとえば軍神に恋愛成就祈願してもなぁ

「うむ、相手を叩きのめせばよいのじゃな」

っていうことでええんかいなぁ。

さらにお願いする相手を知りもしないどころか、

「どこそこの誰べいです」

それすらも名乗りもしないでお願いしても

神さまだって誰の願いなのか

わからなくなって当然だよなぁ。

意外とスカスカとスルーされてるんだろうなぁ。

子供だってサンタに名前と住所くらいは

伝えておねだりするのにねぇ。

一番大事なのは今年お願いした神様への

お礼参りだよなぁ。

本来神社は感謝をしに行く場なのに

それもしないで次のお願いしてもなぁ

神さまからしたら

「御宅の普段の人間関係って

それで成り立ってるの?」

って話になんだよなぁ。

願かけてその結果を報告しなきゃ

自分の願かけのPDCAにもならないしなぁ。

お礼参りって神さま報連相だと思うんだよなぁ。

お願いをしたら報告と感謝をする

これが願かけのサイクルなんだよなぁ。

そこから次の抱負や展望へ繋がると思うんだよなぁ。

そう考えると遠方の神社で願かけするのは

余程の覚悟じゃないと

あとが大変なんだよなぁ。

お礼参りまでするつもりがないなら

それは結局そんなに大したお願いじゃない

ってことなんだよなぁ。

継続は力なりって言うけど

一見さんよりは常連さんが優遇されるのは

どこでも一緒だと思うんだよなぁ。

神さまももとは人だったわけだしなぁ。

可能力って神さまPDCAの

サイクルの中に蓄積されてるんだと

思うんだよなぁ。

どっち向いてホイ!!

国際金融資本によって作られたソ連、

そのソ連に酷い目にあわされた
ウクライナ人が

「もうあんな目には遭いたくない」

と忌み嫌う気持ちはわかるが、

現実としていま自分達の背後にいるのが
その自分達を虐げた国際金融資本であることに

気付いていない人もやはり多いのかなと
これまでの状況を見ていて思うこの頃。

なにせ日本の政治家ですら大半はわかっていないように見えるのだから仕方ないのかもしれない。

つい一昨日、親露派ではない西側地域の方から

「メディアは全く信用できない、あなたのように私たちも両側をよく見て判断する」

という返信が来たので、

やはり何かおかしいと感じる点は
多々あるらしい。

戦争をとにかくダラダラ先延ばしたい西側。
マーケットを閉じるわけにはいかないから当然。

武器を撃って儲けたい側のバイデンが
銃規制なんかするわけもなく。

とんだ茶番はまだまだ続きますね。

売国奴のキッシーを窓口に
どんどん税金は彼らに注ぎ込まれます。

今世界はどうなっている?

「歴史に目覚め覚悟を決めるには”ユダヤ王”の力を認識せよ!」

林千勝氏が国際金融資本から日本の近現代史を紐解いていくと「小さい頃から引っかかっていたものがスッキリした。虚構の世界に生きていることがはっきりした。」とどこぞの回で仰っていたが、私も非常に似た感覚があった。

吉田松陰を学んでいた頃に、徳富蘇峰の著書を読んでいた時に、維新後のしかし敗戦前の日本の考え方や空気感が現代とまったくちがうように感じ、違和感をもっていたのですが、それもやはり敗戦後の日本がいかに歪められているかを認識すると、かなりすっきりしてきます。

総集編のこの回も要点が詰まっていて必見ですね。

国会図書館でデータベースを検索して、昭和41年頃を「ユダヤ」などのキーワードで検索すると一切ヒットしないというのは本当に寒気がする話です。

ウクライナ問題の構造

松田チャンネルでの林千勝氏の解説が、パンデミックの構造とウクライナ危機の構造を対比的にみており、国際金融資本がどう関わっているのかとてもわかりやすいので、参考にのせておきます。

ワクチンの優生思想についてもロックフェラーの関わりを詳細に事実関係を挙げています。

「グローバリストと共産主義に誘い込まれたプーチン〜その1」

「グローバリストと共産主義に誘い込まれたプーチン〜その2」カール・マルクスとは何者か?」

真の喜びとは

「喜んで生きる」とは楽しみや好きなことをやることではない。本当に苦しいことや辛いことを頂いてることに真の喜びがある。

真の喜び真の幸いとは

人より出るに非ず

物より出るに非ず

実に光と共に神より来る恵みなり

心に刺さります。

山岳信仰の里の行者&鍼灸師です。科学と信仰の統合を。