祈祷、先祖供養、使わなくなった神棚、お宮、仏壇、仏像、法具など気になることがあればご相談ください。

PCR検査の裏と利権とは…?

ちょっと気になる記事があった

こちら→https://web-willmagazine.com/social-history/W2AtR

PCR検査を万全にできる体制を整えるべきと躍起になってる某東大の某児玉教授についてだ。

PCR検査は開発したキャリー・マリス氏本人が「ウイルスを検出するものではない」と警鐘を鳴らしている。

続きを読む PCR検査の裏と利権とは…?

神さま報連相

暮れの山伏のひとりごとです、笑

神さまにお願いするのはいいけどなぁ

お願いする神さまが何の神さまかも知らないで

お願いしてもなぁ

吉野家でドヤ顔で「ピザ!!(╹◡╹)」とか言ってるようなもんだよなぁ。

そんな奴には百歩譲っても

お冷しか出てこないだろうなぁ。

社名も事業も知らずに

「御社に入社したいですp(・ω・)q」

とか言ってるようなもんだよなぁ。

「うちはいつでも募集してるから

いつでもエントリーしてね」

ってパンフレットと試供品でも渡されるんだろうなぁ。

たとえば軍神に恋愛成就祈願してもなぁ

「うむ、相手を叩きのめせばよいのじゃな」

っていうことでええんかいなぁ。

さらにお願いする相手を知りもしないどころか、

「どこそこの誰べいです」

それすらも名乗りもしないでお願いしても

神さまだって誰の願いなのか

わからなくなって当然だよなぁ。

意外とスカスカとスルーされてるんだろうなぁ。

子供だってサンタに名前と住所くらいは

伝えておねだりするのにねぇ。

一番大事なのは今年お願いした神様への

お礼参りだよなぁ。

本来神社は感謝をしに行く場なのに

それもしないで次のお願いしてもなぁ

神さまからしたら

「御宅の普段の人間関係って

それで成り立ってるの?」

って話になんだよなぁ。

願かけてその結果を報告しなきゃ

自分の願かけのPDCAにもならないしなぁ。

お礼参りって神さま報連相だと思うんだよなぁ。

お願いをしたら報告と感謝をする

これが願かけのサイクルなんだよなぁ。

そこから次の抱負や展望へ繋がると思うんだよなぁ。

そう考えると遠方の神社で願かけするのは

余程の覚悟じゃないと

あとが大変なんだよなぁ。

お礼参りまでするつもりがないなら

それは結局そんなに大したお願いじゃない

ってことなんだよなぁ。

継続は力なりって言うけど

一見さんよりは常連さんが優遇されるのは

どこでも一緒だと思うんだよなぁ。

神さまももとは人だったわけだしなぁ。

可能力って神さまPDCAの

サイクルの中に蓄積されてるんだと

思うんだよなぁ。

【深層心理×好きは嫌いの裏返し×逆も然り】

怖いとか
負けるな
とかいいながら

これだけコロナに固執するっていうのは
裏を返せば心底望んでいるということに

人は気付こうとしません。

認めたくないから。

その反面、引き寄せの法則が大好きです。

引き寄せたいから怖い怖いと騒ぎます。

ポジティブに言えばツンデレです。

このままあと3年もすれば
キラキラネームが転じて
コロコロネームが流行り出して

自分の娘に

葫蘆菜(ころな)
子呂美(ころみ)
五郎枝(ころえ)
衣梨伊奈(コロリーナ)

挙げ句の果てにはどストレートに
“コロコロ”とつける輩が出てくることは
想像に難くありません。

まだ頭の方は大丈夫でしょうか?

まだ間に合います。

【感染者数ホイホイ】

さて昨日の夜の報道ステーションをチェックしていて気付いたことを…

一年も同じこと続けないで
二年目は感染者数2000人くらいに
乗っけたらいいのではないか。

連休で遠征や帰省のために
昨年設置された民間のPCR検査所で
みんなが検査を受けるために

感染者数(正確には陽性者数)
は爆上がりする。

しかし民間だから大阪の無料キャンペーンのように病院や行政での管理はなく
結果だけみて自己判断。

しかし数だけは計上される。

検挙率上げるための
仕組みづくりがうまいですね。

民間検査所がまるで
ゴキブリホイホイみたい。

鼠取りもこのホイホイシステムに
乗っかるといいのではないかな?

============

この記事、コロナやワクチンとは一言も書いていないのになぜかFacebookでコロナ関連と認定されました、つまりそういうことです↓

全ては生き方の問題、ウイルスのせいにするな

今週は予想通り
世界で感染者数が増えましたな。

残りあと2日でどんどんメディアは
フェイクパンデミックをぶっちぎりで
煽るのでしょう。

私の新型コロナはちょうど一年前に
終結しましたが、
未だに同じことしか繰り返さないごく一部を除く政治家の皆様ははまさにテンサイだと思います。

よく飽きないものだなと。
庶民はだいぶ飽きてるのに。

これまでの時代の転換期ってこういう
くだらないことのオンパレードで
変わっていっただけなのかなと、

ある意味ほどよく冷めた(醒めた)のは確かです。近代だけの話ならいいですけど。

世間が思ってる以上に日本は
色々な意味で詰んでます。

安全な土地買って(それすら危ういですが)
独自の経済圏を構築することを
考えていかないと、

本当にまともに食べるものも無くなる時代は
すぐそこなのかもしれません。
(そのうち大豆肉を主食にしろといわれます)

○ックフェラーの作り上げた中国という実験場を見てればその輝かしい未来は想像に難くはないはずなのですが。

それに続くのが香港でありチベットでありウイグルであり、日本もノミネートしています。

今の状態では明るい未来はないと
現実を見つめることが本当は必要だとさえ
思いますが、幻想に生きる方が楽です。

現代医学の進歩というのも
幻想にしか過ぎないし、

現代に増える”ビョーキ”というのも
増えるべくして増えているので
それに対する”治療薬”というのも
幻想でしかない。

数千年前から必要なものは
全て身の回りに揃っており、
昔の人の方がそのことは
わかっていた。

全ては生き方の問題であり、

通貨という共同幻想に
縛られている限りは
コロナ問題の本質も
世界の本質も見えてこない。

というのがこの一年で
改めて学んだことだろうか。

ヤギか牛を飼って
搾りたての安全なミルクを
毎日飲みたいと
妄想するこの頃です。

水素水を使用開始

以前からずっと気になっていたありがとうボトルの使用を4月17日から開始しました。

体内の酸化還元反応を考えると水素が必ずしも良いわけではない、という点は抑えつつ実際どんな変化が出るのか挑戦してみます。

何より先日YouTubeのうつみんチャンネルで還元ボトルの発明者がゲストで登場し、その説明を聴いていたら「これはホンモノだ」とわかったからです。きちんとデータを集めて科学的根拠をもとに製品を提供してるのでまがいものではないことは確か。

さらにそのオカルトっぷりはボトルの中に入れなくても、ボトル4つで囲まれた液体の電気が下がるという、量子の世界の現象がふつうに起こるようなので、年度末の卒論で量子的な実験をした身としてはとてもピンときたのでした。

てはじめに以前いただいた無農薬栽培の焙じ茶で一発目を製造(?)。

口にしただけで電位が下がっているのはわかります。

再度焙じ茶を作り、19日はセイロンティーで製造。焙じ茶のほうが飲みやすいかな。

水素水を始めてからお腹がすきにくく、気候も肌寒いと感じながら防寒具なしのシャツ2枚で余裕な感じで過ごしている。

代謝あがっているのだろうか。

今朝は久々にパチリと4時半に目が覚める。昨夜は1時過ぎ就寝なのに。

前日は大山も行ってたので足にきているのだが身体は軽い。

今後の様子を観察したい。

2021年4月19日

山岳信仰の里の行者&鍼灸師です。科学と信仰の統合を。