「COVID-19」タグアーカイブ

コロナの謎が<すべて>解ける=全国民必見の覚醒ガイド「5分で目覚める1ページ」 – antenna blog NBB

コロナの謎が<すべて>解ける=全国民必見の覚醒ガイド「5分で目覚める1ページ」 – antenna blog NBB
— 読み進める wwbb.me/us/nbb/the-identity-of-coronavirus-is-flu/

コロナ詐欺について

よくまとまってます。

【発熱セットポイント×温度設定×炎症ゴミ】

先週突如高熱が出ました。

全く風邪の前触れがなかったのでシェディングかと思いますが今回の様子は以下の通り。

日曜の午後に急に発熱、

一気に38.9℃に。

8℃台後半は中学でインフルにマイコプラズマ肺炎をくらって寝込んだ以来。

・なんの予兆や兆候も感じなかった
・発熱以外の症状はなし

ウイルスや細菌類なら白血球が処理して痰や鼻水などで排出されるはずだが一切何も出ないので無機物(グラフェンとかとか?)の可能性も疑われ、

まあおそらくシェディングなのかな
という推測のもと回復作業に努めることに。

たまたま2日空いており、
水曜は朝から施術が入っていたので、

・2日で完治を目指す
・1日1度さげれば37℃前後復帰可能

というスケジューリングで熱を下げる目標に。

発熱から前半12時間の間、
改めて不思議だったのが、

・なぜ人体はセットポイントが最初に自動で設定されるのか

・少し熱が落ち着いてきたタイミングで果物など軽く口にするとまた当初のセットポイントに戻って発熱がしばらく維持される

このセットアップポイントの決定、
一旦定められた際の一定性に関しては
2年前に崎谷医師にいろんな質問を投げて学んでいくなかで、自分の中でおのずと腑に落ちてきた結論がある。

●セットポイントは病態や細菌・ウイルスの種類で決まるわけではなく、体内の炎症ゴミの量で決まる

この大前提を考える上では、

“具合が悪い時は食べ物をとらないことの基本”も
併せて考えるとよい。

・消化にもエネルギーを使う
・胃腸を休めるには最低12時間の空腹が必要
・オートファジーでは16時間空けると組織が再生される

などの考え方が一般的にはある。

消化物がなくなる≒炎症物質がなくなると仮定した場合、

「絶食12時間〜16時間以降に発熱温度が下がる
のではないか」という仮説が立てられる。

これに基づいて発熱18時間後から
断食に切り替えたところ(塩と糖は適宜摂取)

結果的には
1日1度下げ、
2日で治りましたとさ。

ホテル療養で治らないのも然り、

保健所からの差し入れじゃ
なかなか治らないのも然り。

やはり「食べるな」が基本のキです。
というのを改めて体現、検証できたかなと。

そんな週末からのダイジェスト、

世間からみたらキチガイでしょうが
根拠に基づいた事実です、笑

食べてるうちは治りません(┐ε:)

免疫の本態は”ゴミ掃除”

免疫がそもそもどういうものなのかを感覚的に理解するならばこちらの著書がおすすめです。

新・免疫革命-免疫の本能は《お掃除》にあり

新型コロナにおいても様々な医師が色々な立場や知見から免疫について語っていますが、その多くが部分的な話になりがちで、生命体の全体としてどういう機能を果たしているのか?ということがとても理解しにくいのが現状です。

ところがこの著書では免疫の本態は”お掃除”にありとして、免疫システムを体内の掃除機能というシンプルな観点から、最新のデータを用いながらわかりやすく説いています。(中身は専門的で難しいのですが、概要が捉えられれば十分です)

新型コロナのワクチンで抗体価があがれば免疫が高まるとしていますが、例えばアレルギーがある人やアレルギー検査をしたことがある方ならわかりますが、アレルギーの有無も抗体で見ています。つまりアレルギーという分野では抗体があること自体が病気を示しているわけです。

このことを素直に捉えられる人は、「じゃあワクチンで抗体が作り続けられることってそもそも大丈夫なの?」と疑問に思えます。

この著書ではそんな抗体や免疫の本質について細かく書かれているので、ご自分や大切な家族の健康のためにぜひとも一読しておいて損はしない一冊です。

免疫の異常は感染症だけでなく慢性疾患にも深く関わってきますので、チェックしておくことをお勧めします。

「ワープスピード」のCOVID-19の子供への接種にブレーキをかける

以下のサイトの子供への接種への危険性を警鐘する記事の翻訳です。

https://www.washingtontimes.com/news/2021/oct/28/applying-brakes-on-warp-speed-covid-19-vaccination/

「ワープスピード」のCOVID-19の子供への接種にブレーキをかける

OPINION

私たちは、30年以上にわたってワクチンやその他の実験的医薬品の発明を先導してきた医師・研究者として(がんに対する)、入手可能なCOVID-19ワクチンの潜在的な長期的影響について、慎重かつ誠実な公開討論の必要性を強調しなければならないと感じています。ワープスピード作戦では、緊急使用許可を得てワクチンを迅速に展開することに成功しましたが、私たちは、子どもたちへのワクチンの大量接種にブレーキをかける緊急の理由があると考えています。

成人のCOVID-19ワクチンによる心筋炎、脳内血栓、神経障害などの気になる短期的な合併症が発生していることから、私たちは立ち止まることにしました。 しかし、子どもたちにとっての本当の脅威は、未知の長期的な合併症であることを明らかにしなければなりません。

最悪の医療事故の一つは、1940年代に流産防止薬として一般的に処方されていたジエチルスチルベストロール(DES)です。 DESは1940年代に流産防止薬として一般的に処方されていましたが、30年後、DESを服用した女性の次の世代の娘に稀な腫瘍が発生したことが判明し、回収されました。 このように、新薬が承認された時点ですべてがわかるわけではなく、何年も経ってからわかる副作用にも気をつけなければなりません。医学の歴史を振り返ると、新薬が発売後に思わぬ問題を引き起こすという悲惨な例が何度も見られます。

研究者にとって、COVID-19ウイルスの新しい標的タンパク質を特定し、他の病原体に対するワクチンとして安全性が確認されている既存の製造プラットフォームを適応させるという課題は、すでに困難なものとなっています。 しかし、新しい、迅速な、しかしこれまで試したことのない製造技術(mRNAまたはDNA)を使用することで、第2の変数が導入されました。 ここで、理科を学ぶ学生たちが避けなければならない問題が発生しました。 これは古典的な科学的手法に反するものです。 この場合、生成されたワクチンは、活性成分(COVID-19ウイルス配列)と非活性成分(不純物を含む製造原料)で構成されており、どちらも健康な成人や子供に対する良好な安全性の実績がありませんでした。

しかし、例えば5年後に、パンデミックそのものよりも悪い長期的な医学的合併症が流行する可能性はどの程度あるのでしょうか。

RNAベースのワクチン(ファイザー社とモデナ社)は、顕在化するまでに何年もかかる自己免疫疾患をいくらでも誘発する可能性がある。 これは、mRNAを取り込んだ任意の細胞が発現するウイルスタンパク質と正常な自己タンパク質の組み合わせの結果、正常な細胞上に真新しい標的が作られ、免疫系が異物と認識して攻撃する可能性があるためである。

また、mRNAは原始免疫系の危険センサーを活性化し、その結果、自己免疫に関連する炎症促進因子、特にインターフェロンの放出を間接的に促進します。この問題は、2019年に行われたmRNA肺がんワクチンの臨床試験で、血液検査の結果、患者の20%に自己免疫の懸念を示す指標の上昇が認められたことからも明らかになっています。

RNA分子そのものに直接反応する免疫反応は、全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患を引き起こします。技術の黎明期である2014年に、mRNA COVID-19ワクチンの発明者が、このmRNAワクチンの長期的な懸念の可能性について発表しました。

最後に、どのmRNAワクチンにも、体内のどこにどれくらいの期間留まるかをコントロールする「オフ」スイッチが組み込まれていません。

公表されている動物実験では、COVID-19スパイクタンパクの痕跡が脳、心臓、その他の重要な器官に認められ、欧州医薬品庁の評価報告書では、ほとんどの組織で低レベルのmRNA自体が検出されたことが認められています。 ワクチンが血液脳関門を通過して子供たちの脳に到達することは、未来の人類にとって最大の関心事なのです。

理論的な懸念としては、ヤンセン・ワクチンがあります。これは、自分の遺伝子を取り除いたウイルスを使って、ペイロードのDNAを運ぶものです。 このようなウイルスベクターは、癌を引き起こす遺伝子の近くにペイロードをランダムに挿入すると、癌を引き起こす可能性があります。 今年、鎌状赤血球症に対する遺伝子治療の臨床試験(確かに別のウイルスを使用)では、5年以上前に治療を受けた2人の患者が血液がんを発症したため、臨床試験が中断されたことからも、これは単なる仮定の話ではない。

正直なところ、FDAが完全に承認しても、安全性は保証されません。 私たちは、脆弱なサブグループに対するワクチン接種に反対しているわけではありません。 しかし、COVID-19で重症化することはほとんどなく、特に以前の感染で免疫を持っているほとんどの子どもたちにとっては、縦断的なデータを検討することなく、現在利用可能なワクチンの接種を進めることは最小限の意味しかありません。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。