「祈り」カテゴリーアーカイブ

【科学は尽くす×信仰は委ねる】

【科学は尽くす×信仰は委ねる】

最近、最終的に科学と信仰は

一つになるものだと考えていますが、

科学の基本は信じることではなく

やはり数字に基づいて証明すること。

信じる対象ではないかなと。

あらゆる可能性を考慮して分析する、

つまり”人事を尽くす”分野でしょう。

細かく分解していくと最終的には

量子的な世界

見えない世界

こういうブラックボックスがあるので

最終的に究極の部分は

神にお預けすることになる。

だから昔から人々は祈ってきたのだと思います。

量子の世界は確率論になってくるから

わからないのだもの。

人事は尽くしても

最後は祈るしかない。

そういう視点から見ると

科学とは物質世界であり

信仰とは非物質的世界であり

お互いが補完しあっている。

“人事を尽くして天命を待つ”

という言葉通りの関係なのだと思います。

科学や医学を過信しているドクターの言動を見てると、科学を”信仰”してる印象がどうも強い。

(私が言いたいのは主に和苦沈信奉者のことだが)

データや数字を俯瞰してないんですよね。

信じたいから全体は見ない。

都合の悪いものは見えない。

(見ると過去の罪の意識が湧いてくるから見ないのですが、そここそ本来は信仰の分野なのですが。悔い改めれば良い)

科学に救いを求めてるのですが、

救ってくれるのは神であって

人間が都合よく解釈した科学ではない。

メリットとデメリットの両方を俯瞰することが

(そもそも和苦沈はメーカーにしかメリットがない)

人事を尽くすことであり、

最後の究極は神様に委ねる。

それが本来の医療であり治療だと思います。

科学は信じるものではなく尽くすもの、

そして尽くした最後は神に委ねる。

これが私たちの生きる世界の

構造ではないのかなと考えるこの頃です。

そういう思想で見てると

いまのPCRやら感染経路不明というのも

その本質はすでに明らかになっているので

全く科学に対して尽くしておらず、

実にインチキばかりで

何も委ねようがないなと

呆れ果てるばかりです。

神様も応えようがないよね。

平成最後の晩餐。

朝なかなか起きられず、今朝の勤行はなぜか10時から。

平成終結の感謝とともに明日からの始まりを私も祈らせて頂きました。どうやらプリンスも一働きした模様。

無事に今日が終わるように祈らせて頂きました。

そのあと午後は今年もお客様をご紹介頂いたりと大変お世話になっている方のお宅で施術のお仕事。平成最後の晩餐もそこの奥様の手料理にありつけ有難い限りです。

そして明日は令和元日の禊に滝行へ。自らの禊祓いが目的ではありますが、観音崎の龍神はそれだけでは終わらないと思うので、新元号の幕開けの祈りもさせて頂くつもりです。

天気が荒れませんように。

祈願解除

病気平癒の祈願解除。

願をかけた方が亡くなった場合、

お札は自動的に抜けると思いきやそうではなかった。

師匠のところへ持っていき確認して良かった。

「ちゃんと解除しなきゃだめでしょ」

お礼をして、

寒川様の御霊を抜いて、

阿弥陀経でSさんのお父様のことを仏様によろしくお伝えする。

49日までは魂は身内を訪ねたりするから、いきなり成仏はさせては可哀想、とのこと。なるほど。

「Sさんは思い残すこともなくちゃんとあがれるって。娘のこと、話を聞いてやってくれって言ってたわよ。」

まぁそこは心得ております。受け給う。

願は解除しないと死ぬまでかけられたままになるので、きちんと神様にお礼をもうしあげて解除しませう。

やりっ放しの願って結構あると思うのですよね。それが支障をきたすことだって当然あるわけです。

【今日の内容】

・天津祝詞

・大祓祝詞

・般若心経

・阿弥陀経

明日は我が身と思うこそ

この世は諸行無常。

私たちはいつどこで死ぬかわからない。

各地の霊山へ赴く修行者はいつ死んでも大丈夫なように白装束を身に纏いました。

そして途中で力尽きて死んだ方も沢山いらっしゃいます。

そして明日は自分がそうなるかもしれない。明日は我が身。

そう思うからこそ、道端で浮かばれない仏様と出逢えば、その方が成仏できるように手を合わせてお経をあげるのです。

身体がなくなってしまった魂は実体の世界では何もできません。私たちが代わりにお手伝いしなければお経もあげられない。

そしてもし明日自分が突然死んでしまったら、同じ状況になるかもしれません。思い残しややり残しがあって成仏できない状況になるかもしれない。そうなった時、助けてもらえるのは実体世界にいる人たちだけです。

道端の仏様に手を合わせるのは、巡り巡って自分のためでもあります。

そしてここまで説明した時、興味津々に心霊スポットへ足を運び「幽霊っているの?」「ギャー出たー!」という行為がどれほど心無いことなのか少し考えて頂けるかと思います。

TV番組の心霊スポット特番で「悪霊退散」とかやってますが、あれほど野蛮な番組もないです。

ああいう場所に留まる霊は好き好んでそこにいるわけではなく、何か辛い想いや強い想いがあってそこに留まっています。悪霊ではありません。祓えばいいものではありません。その想いを慮ってこその人としての優しさであり、本来私たちが備えている仏心とも言えます。

ぜひ浮かばれない仏様が留まる場所に訪れたら手をあわせて下さい。般若心経をあげれば、尚のこと喜ばれることでしょう。