「福島」カテゴリーアーカイブ

あれから8年

一昨年から師匠のもとで東日本大震災の供養をさせて頂いております。

三月に入ると色んな想念が混ぜこぜになってやってくるので、この日にしっかりあげさせて頂く。それは亡くなった方々のものだけでなく、残された方々の想いもあり、それらは複雑に交差して絡み合っている。

前日の10日は月島の避難者支援イベントでいつものように楢葉町から避難してきた方々のマッサージ。皆さん笑顔で帰られましたが、「もう帰れない」と決めた方々でした。

帰る人、帰らない人、それぞれの選択に意味があり、当事者以外には見守るしかできない。

私たちができるのは後ろから寄り添ってること。ただそれだけ。。。

今朝は沐浴から始めました。禊は毎朝してますが、なんとなく光明真言あげながらの水行。海の底へも大日の光が届くように、そんなイメージだったかもしれない。

その後の勤行では、やはり蝋燭が勢いよく溶け出した。1週間前からどんどん色んなものが来てるので当日こうなるのは予想していた。しかしなんだろう。蝋燭を見守っているとそれはやがて蓮の花のように広がり海になった。その傍に見守る仏様のような。

午後は師匠のもとでご供養。

そしたら「海底の未だ見つからない御霊への供養で大悲心陀羅尼から始めましょう」とそんな流れに。

あげてる途中で、今朝の蝋燭の海がふと思い出され、師匠の言葉と繋がった。観音様の大悲心の大きな手で、海底に彷徨う御霊を救いあげて下さるように祈った。

「沢山ここを通ってあがっていったわよ。子連れの母親も来たわね。みんなちゃんと玄関から入ってきて『ありがとうございます』って言いながら上がっていったわね」

廻向。死者への供養として捧げるお経は私たち生きるものにとっての智慧でもある。ともすればこの白骨になっていたのは自分自身かもしれない。肉体がなくなれば今世でお経をあげることはできない。その時手向けをして頂くのは自分だ。

そう思えばこそ、亡き御霊と出逢えばきちんと供養させていただく。それは今生とあの世に生じるお互い様の関係なのです。

・般若心経

・大悲心陀羅尼

・観音経

・阿弥陀経

・観音和賛

3月はご供養月間

こんばんは、センシです。

今月もあとわずかですね。

3月ははからずもご供養月間なプライベートでした。

東日本大震災の3.11に続いてのお彼岸、今年は沢山の御霊を感じました。

2月から修験道の教えを落とし込んでいることもあってか、週末に甲斐国や相模国の山へ行くたびにそこで御霊と遭遇することが多くなり、半分気分転換の山行もご供養になってきました。

思ってた以上に成仏したいお御霊が山々にはいらっしゃる。。。

まだまだ勉強することが沢山、日々修行三昧です。

施術巡業が始まった

今年の夏も施術ボランティアの巡業が始まった。

今回はありがたいことに福島で車を借りることができて、そこから米沢入り。

今日明日で米沢、3日目は南相馬、4日目は福島で活動する。

神戸の鍼灸あん摩師の山本先生との施術ボランティア。

視覚障害者を連れてのツーマンセルでのこの企画はなかなか骨が折れる。

企画、スケジュール調整、運転、施術、これらを介助しながら数日過ごすので意外とペース配分の意識が重要になってくる。

今年はどうなるやら。

佳きご縁がありますように。

少しでも安らぎが訪れますように。

無事に終わりますように。

あれから6年

あれから6年、、、

初年度は伯父のいるいわき市へ趣きボランティアセンターへ。

なぜか伯父の親戚のいる四倉での被災家屋の泥撤去。

(5月頭のいわき沿岸部の様子)
その流れからさらに北の久之浜へつながり微力ながらお手伝いさせていただく。

 翌年は都内避難者の集いのお手伝いをさせていただくようになり、

3年目からは社団法人の事務局となり、毎月福島と南相馬へ通って施術ボランティアをしていました。

  

今でも時折連絡したりお会いする方の中には

茨城へ引っ越したけどさらに南下して来月から東京へ来る方
旦那さんの仕事が軌道に乗り、来月から名古屋へ引っ越す方
私がつながってる方は昨年から今年にかけて激動な一年を送られていますが、
次へ次へと進んでいらっしゃるので

前へ進むこと自体はとても佳きことかなと思っています。
今後も微力ながらお手伝いさせていただければと思います。

明日は師匠のもとで御世話になった地域のご供養のお経をあげさせていただきます。