「雑記」カテゴリーアーカイブ

抗エストロゲンによる子宮頸癌のリスク低減

Antiestrogen use reduces risk of cervical neoplasia in breast cancer patients: a population-based study

(抗エストロゲンの使用は、乳がん患者の子宮頸部腫瘍のリスクを軽減します:人口ベースの研究)

https://www.oncotarget.com/article/12957/text/

“エストロゲンは、トランスジェニックマウスの研究によって頸部発がんの必要性であることが証明されています。 長期の抗エストロゲン使用が子宮頸部異形成の発生率を低下させることができるかどうかを判断するために、抗エストロゲン療法の有無にかかわらず、42,940人の乳がん患者の人口ベースのコホートが台湾国民健康保険データベースから特定されました。 すべての患者は、最も重篤な形態の子宮頸部異形成について、または死亡するまで追跡された。 子宮頸部異形成のリスクをCox回帰分析と比較し、年齢、パパニコロウ塗抹標本密度、および化学療法について調整しました。 アロマターゼ阻害剤(AI)を含む抗エストロゲン使用者は、5年間の追跡分析で一貫して低悪性度子宮頸部異形成のリスクが低いことを示しました[調整済みハザード比(HR)= 0.42、95%CI 0.29〜0.64、P <0.0001] 定期的なPapスクリーニングのサブグループ(HR = 0.32、95%CI、0.20〜0.50、P <0.0001)。 定期的なスクリーニング群(HR = 0.49; 95%CI、0.27〜0.90; P = 0.0212)、特に50歳以上の群(HR = 0.0212)でも、高悪性度子宮頸部異形成の発生率が10年低いことが認められました。 0.34; 95%CI、0.14〜0.80; P = 0.014)。 低悪性度子宮頸部異形成に対するタモキシフェンのみの使用の保護効果は、若年の定期的スクリーニング群でのみ見られました(HR = 0.67; 95%CI、0.48〜0.93; P = 0.0167)。 AIを含む抗エストロゲンの長期使用は、子宮頸部異形成のリスクを低下させました。”

【年末年始の寒さに注意⚠️】

【年末年始の寒さに注意⚠️】

テレビが散々コロナを煽って

失業者たくさん作っておいて、

「今年は大変でしたががんばろう」

的なドキュメンタリーを

感動的に演出してるのみてると

ほんとお寒い年末年始だなと

呆れ果てている。

寒波以前にすでに寒い❄️

しかしこれを見て感傷に浸っている

視聴者が案外沢山いることを想像すると

それこそお寒い話。

どこまで頭の中はお花畑で

物事を見れない・考えられない

のだろうかと

哀れにすら思えてくる。

世の中のことがまるで

見えておらず、

大人たちは本当に

“勉強”をしていない。

子供に「勉強しなさい」と

いう資格は微塵もないよね♪