「修行日記」カテゴリーアーカイブ

【修験×自然×世界×現実×学問】

【修験×自然×世界×現実×学問】

修験道は自然とひとつになって

世界=神を感じる信仰だ。

向き合えば向き合うほど

混ざれば混ざるほど

そこに人間のエゴや思惑は

挟まれる余地はなくなっていく。

世界は目の前にただ在るのみ。

偏見も差別も

そして容赦もない。

自然と向き合うことは

純粋な科学であり

純粋な医学であり

純粋な量子物理学でもあり

純粋な学問へ自然とつながっていく。

一方で宗教というのは時として

為政者や支配者側の思惑が働く。

昔も今もそういう要素の方が強い。

そういう大衆のための道である信仰と

為政者側のための宗教はよく観察すると

巧妙に入り混じっている部分があるので

注意しなければならない。

今回のような有事の際において

自分の振る舞いを考えるにあたって

一体だれのための信仰なのか?

というのを毎日問いつづけていた。

いま現代において望ましい形は

“大衆のため”だろう。

木曽御嶽山における大衆信仰の

起こりと流れからわかるのは

江戸中期に神事(神懸)は権力者から

大衆へと広がる動きがあったことだ。

(逆にこの頃に為政者側はすでに神仏分離を始めている地域もあった点はかなり興味深い)

これは全国的に起こった。

いわば宗教のデモクラシーだ。

その中心は修験道という領域を

中心に起こっている。

全国に沢山の講が起こった。

私はここ数年、

修験廃止令というものは

明治の神仏分離令を

より徹底するために

行われたと考えていたが

それだけではないなと今回気付いた。

珍型コロナの虚構や煽動を踏まえて

いまの世界を俯瞰すると、

明治になぜ修験道が廃止されたのか

その本当の理由がいまなら

よくわかる気がする。

純粋に世界と向き合われると、

嘘で取り繕いたい側からすると

とても宜しくない存在なのですよね。

当時もそういう先人が

沢山いたのだろうと。

あの時代も世界と対峙するために

取り繕わなければならなかった。

そこに対して絶対的な自然界を柱とする修験道は

もっともニュートラルな存在であり

なんとも邪魔な存在になりうる。

取り繕ったその後の末路は

いま終焉を迎えようとしている

戦後時代のスタートと入れ替えで終わった。

こういう流れを振り返ると

修験道の立ち位置や在り方を

改めて考えさせられる時間でもあった。

色眼鏡のない世界、

固定観念のない世界、

しがらみのない世界、

嘘偽りのない世界、

そしてありのままの世界。

それが自然であり宇宙であり

いつも私たちの目の前にありながら

現代人がすぐに見失う世界なのです。

浄化の火

本山での祖霊祭で護摩焚きで火にいれる祈祷札を提出するのが遅れてしまい、祈祷を自分でやることに。

ところが祈願の数が多くちょっと持て余してしまったので結局師匠のもとで指導を請うことに。

直ぐ終わるシンプルな御祈願系は早く燃やして天にあげてしまったほうが届きやすい。

精神的なものも早く燃やしてしまったほうが良い。

離婚の危機・夫婦円満は2人分をくっつけて捻って一緒に燃やしてあげる。

今回唯一燃やさなかったのは慢性疾患系。

時間のかかる慢性的な病気に関しては毎日祈祷して目処がたってから燃やさないとなかなか良くならない。

上記いずれも般若心経で。

火は神の力。

滅する力。

そして天へ昇華する力。

火で燃やす意味を改めて考えた。

それで届きやすいものとそうでないものがある。

まだまだ勉強することは沢山あるな。

ガンガンお彼岸!霊は巧妙…

修行者のお彼岸は「彼岸花きれい〜」なんて呑気に感傷に浸ってる場合ではないと、今秋のお彼岸に痛感してます。

秋のお彼岸って、夏の山修行やらお盆が終わりちょっと一息ついてまったりしかける頃に、そうはさせてくれないダラけ防止のような存在でもあるなと思うこの頃。

彼岸入りの前夜、職場で締め作業を終え雑談していると同僚が、大倉山の山の話をし始めた。

小さい頃から大倉山に住む彼女はよく山で遊んでいたらしいのだが、実は昔は自殺スポットだったらしい。

という話をきいて「あ、やっぱりそうなんだー納得!」と思わず納得する自分。

実は山にある大倉山記念ホールはここ数年、震災イベントや後輩のライブで訪ねたことが何度もあるのですが、毎回いくとすごくしんどく、頭が痛くなってました。震災イベントでは妙に亡くなった方へ意識がシンクロしてしまうので消耗が激しかったのですが、、、今なら理解できる。あの山に留まる方々も供養して欲しかったのだなぁと。そういうことならちょうどお彼岸だし、「ご供養させて頂きますよ」などと考えてはいたものの、霊は実に巧妙にこちらへ寄ってくる。

その夜その同僚から突然ラインが来た。内容は全く別件だけど、別れ際の話題に関しての報告ライン。でも今までラインやりとりしたこともなかったので、かなり驚き。

翌朝、起きてみると一昨日家で発見された3匹目のヤモリがカゴの中で水没して死んでいたという衝撃的な事件が発生。(水没死した方々かと思われた、そういえば最近、ありましたね)

彼岸入りの朝、さすがにこれはちょっと象徴的すぎる出来事。絶対何かが自分のもとへ来てるなと思いつつそのまま学校へ向かうと、、、

ザワザワザワザワ、、、

わちゃわちゃわちゃわちゃ、、、

頭の中が騒騒しい。いつの間にやら随分たくさんの方が飛来していて、あれやこれやまぁうるさい。

いろいろ気を巡らしていたら、「あ!そうか!」昨夜のラインで大倉山の方々がこちらへしっかりアクセスしてきたことに気づく。

見えない方々はこうやって人を動かして対応できる人(というか基本的には修行者なんだろう)のもとへ人伝いで近付いてくる。

なんとも巧妙だなと関心したのでした。実にうまくできてる。

今秋のお彼岸はご先祖様のみならず、ここへ集った御霊の皆様方も含めて一斉にご供養させて頂きます。