「科学(サイエンス)」カテゴリーアーカイブ

Effect of 528 Hz Music on the Endocrine System and Autonomic Nervous System

music.Overall, we found that participants experienced objective and subjective stress reduction after listening to 528 Hz music, while this effect could not be confirmed for 440 Hz music. In this study, participants listened to music only for five minutes in each condition. In most previous studies, participants have listened to music for 10 minutes or longer. Therefore, it might be the case that listening to 440 Hz music for longer would evoke the stress-reducing effect, especially as indexed by chromogranin A and the POMS 2, as in previous studies. However, the point remains that even if the exposure to music lasts only five minutes, listening to 528 Hz music reduces stress to the endocrine system and the autonomic nervous system. Although the sample size of this study was limited, these are interesting data and could provide support for a new approach in music therapy.
— 読み進める www.scirp.org/html/2-8204397_87146.htm

全体として、参加者は528 Hzの音楽を聴いた後、客観的および主観的なストレスの軽減を経験しましたが、この効果は440Hzの音楽では確認できませんでした。 この研究では、参加者は各条件で5分間だけ音楽を聴きました。 以前のほとんどの研究では、参加者は10分以上音楽を聴いていました。 したがって、以前の研究のように、特にクロモグラニンAとPOMS 2によって示されるように、440 Hzの音楽を長時間聴くと、ストレス軽減効果が引き起こされる可能性があります。 ただし、音楽への露出が5分しか続かない場合でも、528 Hzの音楽を聴くと、内分泌系と自律神経系へのストレスが軽減されるという点が変わりません。 この研究のサンプルサイズは限られていましたが、これらは興味深いデータであり、音楽療法の新しいアプローチをサポートする可能性があります。

白隠禅師の呼吸法

先日、先輩からお借りした白隠禅師について書かれた著書に呼吸法について書かれていた。

私も常々、施術をしている皆様に呼吸法の重要性をお伝えしているが、白隠禅師の逸話を読むと、呼吸と健康の密接な繋がりを改めて強く感じる。

ちなみに私の場合は、少し風邪気味かなと感じると丹田呼吸法で平熱36.7℃くらいから37.1〜37.4℃くらいまで体温を上げて毛布にくるまりしばらく汗をかくとスッキリと治る。

以下、ご参考に。

内観の秘法

まず、床の上に天井を向いて、静かに横たわります。枕の高さや軟らかさは、各自が自分で気持ちがよいと感ずるものをもちいます。目はかるくとじ、両手両足をも適当にひらき、その力をぬきます。首、肩、背骨、腰、脚の筋肉や骨々の力をもすっかりぬいてしまいます。口もすこしひらき、肛門や生殖器の筋肉もゆるめ、内臓の力もゆったりとして、肉体のどこにも力が凝らぬように、蒲団に、すべてを打ちまかせ、死せる肉塊のごとく、ぐったりとうもれてしまうのです。そうして次に、両手脚を長くのばし強くふみそろえて力を腰から下に入れて、しずかにかるく呼吸をし、多少気もちがおちつきはじめましたら、こんどはやや深くゆっくりと息をし、息を吸いこんでしまってから、かすかに息をとめます。とめてから、しずかに吐きだすのであります。吐きだす要領は、吸いこんで、かすかにとめた息を下腹の方へおとして入れるような感じで、細くゆっくりと吐きだすようにするのであります。そうすると、下腹に力がみたされた感じをうけます。この下腹(気海丹田)に保たれた力をそのままに軽くたもつようにしてふたたび、鼻孔から空気を静かにすい、気海丹田しだいに力をみたしてゆきますと、下腹はふくれた感じになってまいります。このように下腹部に力を少しずつみたして、下半身に元気を充たしながら、しずかに上記の副指揮呼吸をつづけるのであります。

『白隠禅師健康法と逸話』

P67

メルマガ【龍の息吹】はこちらから

メルマガに登録する

内観の秘法

【養生訓×塩茶×フッ素フリー】

“食後に湯茶をもって口を数度すすぐべし。(中略)
夜は温かなる塩茶以て口をすすぐべし。牙歯堅固になる。口をすすぐには中下の茶を用ゆべし。”

[養生訓.貝原益軒]

貝原益軒は塩茶で口をすすげば、
歯が丈夫になると述べている。

基本的には塩で十分であり
フッ素入りの歯磨き粉に効果はない。
これは長年の体感的にも
ここ2年の実践としてもそう言える。

======

最近頭の働きが遅い、
物覚えが悪い気がする、

など若年性の症状として気になるならば
まずフッ素フリーを検討したほうがよい。

思考をクリアにするにあたって
留意する点としてフッ素が挙げられる。

フッ素は非常に強い酸化作用があり猛毒とされ、

骨硬化症、脂質代謝障害、糖質代謝障害と関連があり、癌化促進と脳神経障害という最も重い障害と関連する。

もともとフッ化物は畜産をおとなしくされるために使われていて、ソ連の強制収容所で囚人に使われていた。

はっきりいえばアホにするクスリだ。

日本ではいまだにフッ素神話を信じてやまないが
物質的に見てもリスクの高いものであることは
容易に想像がつく。

フッ素は元素周期表でみるとハロゲンに属する。

ハロゲンは塩素(Cl)、臭素(Br)、ヨウ素(I)など
体内にも存在する元素ではあるが、
反応性が高いのでリスクも高い。

塩素は消毒でおなじみのもので、濃度が濃いと取り扱い注意なのはよく知られている。

臭素はハロゲンランプや難燃性素材などに使われている。海水中にも微量に含まれるとされるが
過剰になると人体には猛毒とされる。

ヨウ素も同じように反応性が高い。
ヨウ素の同位体が放射能問題でよく話題として出てくるのはそのためだ。
放射能そのものの問題だけでなく、
反応しやすい性質があるから余計に危険なのだ。
(ヨウ素の過剰摂取で甲状腺機能が低下することはよく知られる)

これらと同じ属性のフッ素もまた反応性が高い。

最近知ったことだが
トイレ掃除用のモップで
フッ素添加のモップというものが
市販されている。

便器を掃除するたびに
モップに添加されたフッ素が
便器をコーティングしてくれて
汚れ防止になるというもの。

いかに反応性が高いかを
示している。

一見良さそうにも思えるが、
生身の人間にこれをやるとなると、
何も問題がないと思えるだろうか。

テフロン加工のフライパンもフッ素が使われてるし、缶詰の内側もフッ素加工だったりする。

とにかく日本ではフッ素添加が多いので、
最も曝露頻度が高くなるフッ素入りの歯磨き粉をまずやめなさいと、私は推奨している。

慢性的な疾患や
代謝が悪い、
そして頭がクリアにならない、
鬱傾向など

該当するものがもし思い当たるのならば
フッ素入りの歯磨き粉をただちにやめて
塩茶で口をすすぐことをおすすめします。

(市販の歯磨き粉は界面活性剤なども入ってるので他の問題も多々ありますが…)

食事と並んで最もすぐに改善しやすいのが
フッ素であることは、

ふだんの生活を思い返して頂ければ
おわかりいただけるでしょう。

メルマガ登録はこちらから→メルマガ【龍の息吹】

【氣の固摂作用】

中医学では氣の概念(現代でいうところのエネルギー)を用いるが、

氣の作用の一つに「固摂作用」というものがある。

これは氣の働きがものなどを
とどまらせることを意味しており、
例えば胃下垂など内臓が下がったり
ズレたりするような状態も

氣の低下とみなす。

物体の固定という観点でいうと、
分子結合などもそうでしょう。

分子にも結合エネルギーがあるからこそ
物体として私たちが触って認識できる
存在となっている。

氣(≒エネルギー)の固摂作用が
ナニかをとどまらせることは
なんとなくイメージできます。

======

物体だけでなく
精神的なものにも
固摂作用は働きます。

“思い止まらせる”などの
「思い」や「思考」も
氣の固摂作用によると考えられる。

思いの固定でひとつ思い出すのは「執着」です。

執着も莫大なエネルギーが蓄積されている。
これを振り解くには時には
莫大なエネルギーを要しますが、

執着から解放されると
一気にエネルギーが高まるのは
そのとどまった執着に
いかに莫大なエネルギーが蓄積されているか、
ということですね。

======

執着とは逆のパターンで
フワフワとフロー(浮遊)させとくにも
氣の固摂作用が必要になると
わたしは考えます。

フローしてるほうが不安定なので
とどめておくにはよりエネルギーが必要であり、

エネルギー不足だとこの
フローさせとくことが難しくなるの。

なのでなるべく早く「ポイ」したくなります。

明らかにBではなくAだと判断できる
内容ならよいですが、

もしグレーゾーンに対面した時 
十分に吟味することができない。

Aの見方ができる。
が、Bの可能性もあるな。

一旦保留させておくことができず
善悪で判断しがちな時というのは、

氣≒エネルギーの低下を
示唆しています。

氣が不足しているとすぐ
善悪二元論に走りたくなる。

======

この善悪二元論の落とし穴は
健康の話でも現実的に
問題を起こしている。

わかりやすい例を挙げれば、

腸内細菌の悪玉菌、
悪玉コレステロール、

などでしょう。

これらも実際には悪でもなんでもなく
むしろ必要なものです。

よく調べれば必要不可欠なものであることは
すぐわかります。

ですがいまの日本人の認識はそうではない。

悪だからなるべく避けよう、
そういう安易な考えで
避けようとしたり下げようとしたりで、
逆に病気になっている。

結局こういう悪のレッテルも
企業のコマーシャルで作られたイメージです。

こういったものにすぐ流されてしまうこと自体が
氣不足による善悪二元論病と言えるでしょう。

自然界では全てに意味があり
善悪などなく全てバランスです⚖️