「SARS-coV-2」タグアーカイブ

Antibody-Dependent Enhancement of Infection and the Pathogenesis of Viral Disease | Clinical Infectious Diseases | Oxford Academic

Antibody-dependent enhancement of infection (ADE) is an in vitro serological phenomenon —or a group of phenomena—in which viral infection of susceptible cells is modified by the addition of virus-reactive antibody. Evidence suggests that ADE reflects immunologie processes that occur in vivo. Various severe and even fatal viral conditions of humans and animals, including dengue shock syndrome, the “early-death phenomenon” in experimental infections of immune animals, and other vaccine- and immunoglobulin-modified conditions, have been attributed to ADE by some researchers. ADE has caused great concern in relation to the development of vaccines against dengue virus and human immunodeficiency virus. More data are urgently needed on the mechanisms and determinants of ADE and on its alleged role in disease pathogenesis and in vaccine-associated phenomena.
— 読み進める academic.oup.com/cid/article-abstract/19/3/500/459343

(和訳)

抗体依存性感染増強(ADE)は、in vitroの血清学的現象、または一連の現象であり、感受性細胞のウイルス感染がウイルス反応性抗体の添加によって改変されます。 証拠は、ADEがinvivoで発生する免疫学的プロセスを反映していることを示唆しています。 デングショック症候群、免疫動物の実験的感染における「早期死亡現象」、および他のワクチンおよび免疫グロブリン修飾状態を含む、ヒトおよび動物の様々な重篤かつ致命的なウイルス状態は、一部の研究者によってADEに起因するとされている。 ADEは、デング熱ウイルスおよびヒト免疫不全ウイルスに対するワクチンの開発に関して大きな懸念を引き起こしています。 ADEのメカニズムと決定要因、および疾患の病因とワクチン関連現象におけるADEの役割について、より多くのデータが緊急に必要とされています。

Mechanism of Injury-Provoked Poliomyelitis

Mechanism of Injury-Provoked Poliomyelitis
— 読み進める www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC110068/

筋肉注射によるリスクについての論文です。

(和訳抜粋)

傷害誘発性ポリオのメカニズム

傷害によって引き起こされるポリオのメカニズム骨格筋の傷害は、その患者を同時ポリオウイルス感染の神経学的合併症にかかりやすくすることが知られています。 「挑発的なポリオ」と呼ばれるこの現象は、ポリオウイルスが流行している地域の子供たちに不必要な注射を行うことにより、小児麻痺の多くの症例を引き起こし続けています。 最近、筋肉内注射は、弱毒生ポリオウイルスワクチンのレシピエントにおけるワクチン関連麻痺性ポリオの可能性を高める可能性があることが報告されています。 我々は、ポリオの動物系における麻痺性ポリオのこの重要な危険因子を研究し、筋肉内注射と誘発性ポリオを結びつける病原性メカニズムを決定しました。 骨格筋損傷は、ポリオウイルスの逆行性軸索輸送を誘発し、それによって中枢神経系へのウイルスの侵入と脊髄損傷の進行を促進します。 誘発性ポリオの発病メカニズムは、素因がない場合に獲得したポリオの発病メカニズムとは異なる可能性があります。

五輪のための犠牲は厭わない!!

ガースーの五輪は必須‼︎というお話です。

本日、私の業界のとある偉い先生より、

知り合いの官僚が

緊急事態宣言はオリンピック開催に向けての

場当たり的な施策であることを明言していた

という話を耳にしました。

残念ながら彼らは完全に

五輪のための消耗戦を

敢行するつもりのようです。

森さんも口元がおぼつかない様子で語る

「口が裂けても私がやらないとは言えない」

という雰囲気はまさに背水の陣のようで、

神風特攻隊のような空気すら感じます。

国民を犠牲にしてでも

五輪を遂行する意思を感じます。

しかしそもそもオリンピックとは

建前上はどういう目的だったのか?

(本音は利権だから何も

ズレちゃいないのだが)

オリンピック開催に向けて

国民のいかなる犠牲も厭わず、

その要請について科学的根拠も

明解な見通しも示さない、

この不毛な緊急事態宣言を

どうとらえますか?

そんなに五輪をやりたければ

指定感染症2類を5類にして

PCR診断を撤廃し

コロナが騒ぎすぎだったと土下座し

国民にさらなるお金をばら撒き、

普通に経済をまわせば

まだそれなりにそこそこ泊のついた

五輪が開催もできそうなものです。

海外選手が減るかもしれないから

メダル獲得率も断然あがるでしょう。

そうしないのはオリンピック開催で

ワクチンの大義名分を作るという盟約が

邪魔をするからなのでしょうね♪

菅首相、ビル・ゲイツ氏と電話会談 五輪「必ずやり切る」(時事通信) – Yahoo!ニュース

菅義偉首相は12日、米マイクロソフト共同創業者で慈善家のビル・ゲイツ氏と電話会談し、新型コロナウイルス対策をめぐり意見交換した。

— 読み進める news.yahoo.co.jp/articles/9d1139a45036f35d92939b193fc09d2ce352dc0c


「こんな状況で五輪なんてアホか」

誰しもがこう思っているであろう状況で、

首謀者同士が堂々と…なんか腹立ちますね。

ガースーとゲイツの間では

オリンピックを開催させるための

ワクチン導入というプロットが

明確な目標であり、

そこに向かっていまあらゆるものを

犠牲にしていることを

明確に公言しているような

ものではないでしょうか。

TED2010において預言者ゲイツ君は

新しいワクチンによって人口を抑える(人口削減)と明確に大予言している。

パンデミックそのものが彼らが用意した

プロット=ストーリーであることは

既に公言され明らかであるにも関わらず、

やれ新しい生活様式だの

緊急事態宣言だの

医療崩壊だの

庶民が根こそぎ削り取られているのに、

相変わらず日本人は呑気なものです。

フェイクだらけのテレビ計り見てないで

現実をきちんとみましょう。