「神道」タグアーカイブ

箱根神社元宮

九頭龍神社のあとは駒ケ岳山頂の箱根神社元宮へ立ち寄ってから里宮へ。
元宮は2400年前に改ざんされたそうで、相当古い霊山なんだなと初めて認識しました。

眼前にそびえる神山を天津神籬、駒ケ岳を天津磐境として祭祀された伝統的な神道による。
ここに昔は沢山の修験道の修行者がいたのだと思うとわくわくしてくる。

今回は時間がないのでロープウェイにて。
ふもとはちょうど雨が降ってきたのですが、上は強風に雪。
さすが霊山。
周りは全く見えなくて、遭難しそうでした。
今度は晴れている時に登拝したい。
観光客は半分以上外国人。
日本人少ないですね。

上へあがると別世界
上へあがると別世界
幻想的な参道。めちゃくちゃ寒かったです。
幻想的な参道。めちゃくちゃ寒かったです。

元宮。
元宮。

見どころも色々あったはずなのですが、視界が悪くて手探り状態
見どころも色々あったはずなのですが、視界が悪くて手探り状態

馬降石よこの祠
馬降石よこの祠

「お客様は神様」の勘違い

スクリーンショット 2015-01-28 18.23.15

”お客様は神様だ”
横暴な消費者が蛮行を振る舞って問題になっていますが、サービス提供する側も受ける側も、「神様」の意味を勘違いしているから起こっている問題じゃないかなと思います。根本的な問題の話です。日本という国を形作ってきた「神様」に対する認識がおかしくなっていることが問題。
usagi_daijob-複製
そもそも神様ってなんなのか。一番大切に敬うべきものではありますが、暴力をふるうような権力者などの「偉い」とは根本的に違います。

神様っていうのは時には教えを頂き、時には真摯に頑張った人間に首の皮一枚のお力添えをくれる。そういう存在だから、権力者としての「エライ」とは違うはずです。
「お客様は神様」っていうのはそういう”教えを頂ける存在”だから大切にしなさいっていうのが本来の意味だと想うのです。その根本的な部分を理解しないと話がおかしくなる。これは古来からの日本人の考え方なのに、現代の日本はやはりそれが失われているんですね。

時として自然という神様は猛威を振います。時として神様は想像を絶する厳しい試練を人間に与えます。でもそれは利己的ではない。富でも権力でも欲のためでもない。誰のためか。それを受けるあなたのためです。
一方、神様気取りのお客様は、自己都合で振る舞っているだけでしょう。お店や店員のことを心から心配して叱責しているわけではないでしょう(そういうきちんとした人格者ももちろんいらっしゃるとは思います。)ましてや感謝の気持ちなんて微塵もないんじゃないだろうか。だから、そんな神様は日本にはそもそも存在しないんです。神様に対しての基本的な考え方って「感謝」この一点だけなのですから。

 神様という尊い存在が日常生活から、日本人の心から消えかかっている日本においては、一部を除いて、お客様=神様という図式は成り立たない国になってしまっているんじゃないでしょうかね。凄く残念なことなのですけど。「お客様」と呼ばれるべき人間が減っているんじゃないかなぁ。そんなことを考えました。

あなたは日本人らしい「お客様」として振る舞えていますか??
(自戒をこめて)