「御嶽山」タグアーカイブ

岩茸

幻のキノコ、仙人の食物

「岩茸」

お山の帰りにいつも立ち寄る木曽福島の道の駅でゲットしてきました。

柔らかい薄いナマコのような

海藻っぽいような

でもどこかで絶対食べた記憶のある味。

栄養価少なそうですが、

食べるとなぜか力が湧いてくる。

夏のシーズンには欠かせなくなりそう。

しばらくあらい続けても

ひたすら汁が黒くなる。

この黒色がどこからきてるのか

とても不思議なフシギタケ。

でも裏側の色がとても鮮やかな緑なのです。

断てばそのぶん研ぎ澄まされる

梅雨がきたようなこないような微妙な空気の中、早くも夏真っ盛りになってきた感じがしますね。
今年は8月のお山修行に当たって百日潔斎に四月の末からいそいそと取り組んでいます。

百日潔斎はその昔、神聖な土地とされ戒律が厳しかった御嶽山において、入山する全ての修行者が求められたものです。
今回は「まずは百日」ということで、四つ脚の生き物の肉と、臭いが強くて修行の妨げになるとされた五蘊(葱、大蒜、辣韮、韮、蒜)を対象に取り組んでいます。
これらの食材は現代日本ではほぼ毎日食べるようなものなので、外食が少し難しくなってきます。
ただその点以外は、個人的には割と早い段階から苦もなく続けられています。

むしろ飲み会においては(酒は私は我慢する対象ではないのであえて可にしてます)これらが禁止になると食べられるものが激減するのですが、その反面酔いにくくなるという副産物的な効果が得られています。
おそらくタンパク質の分解過程で肝臓がアンモニアを尿素に分解する働きと、脂を分解させる胆汁(肝臓で生成される)の分泌が抑えられることで、肝臓への負荷が軽くなったからではないかなと推測してます。
それはさておき、食べ物を断つと嗅覚などの感覚が研ぎ澄まされるという現象に気づいてきました。毎日食べる葱(ネギ)は食卓に欠かせない食材で「食べないなんてありえない」と思っていたのですが、最近はデパートやスーパーなどの試食販売で熱せられているネギの匂いを嗅ぐだけでカラダが拒絶反応を示すようになってきました。

ものすごく臭く感じます。日頃食べていると、ネギがいかに臭いがきついものか気づかなくなるんだなと、百日潔斎による部分断食で初めて気づかされています。
何かを断てばそのぶん感覚が研ぎ澄まされる
今後の修行の一助になる大きな気づきです^ – ^

篠原八幡神社の謎

わたくし、八幡様にご縁があるようなのですが一度は大分県の宇佐八幡宮へは行きたいと思っています。

家の近くには篠原八幡神社という鶴岡八幡宮から勧請されてきた八幡様がいらっしゃいます。
そしてその横の稲荷社にはなぜか”御嶽山“がご一緒していらっしゃるようなのですが、由緒をまだ確認できておりません。
一度社務所の方に「あそこのお稲荷様って御嶽山の神様もいらっしゃるのですか」と尋ねてみたら「ああ、あれは昔この一帯が農家だったからお稲荷さんがいたんですよね。区画整理でここに移ってきたのです」と御嶽山は完全無視で説明されてしまった。。。どうも詳細はご存知ない様子。
別の日にこの稲荷社の前でお経本広げながら印を組んで手を合わせてるおばあちゃんがいたのですが、邪魔するわけにもいかず、待ってる時間もなかったのでその場は帰ることに。講とかあるのかなぁ。

この篠原八幡神社にある”御嶽山“の謎を是非に突き止めたいと考えております。情報を求む。

Screenshot of www.usajinguu.com

鎌ぶら〜カマクラデブラブラ

新年、寒行を初めて12日目に突入。
段々感覚が研ぎすまされています。

今日は久々にデートで鎌倉をブラブラ。

ランチ(イタリアン。どこだったかな)とスイーツ(雲母)は物凄い当たりで大満足でしたが、結局なんか神社やらお寺やら行きたいとこ行ったため挨拶まわりみたいな1日に。

初の銭洗弁財天宇賀福神社、鎌倉大仏、長谷寺、御霊神社、御嶽山の霊神様がいる神社、鶴岡八幡宮などなど。

そして「あまり近づきたくない」ような場所をいくつか発見。
続きを読む 鎌ぶら〜カマクラデブラブラ