「免疫」タグアーカイブ

Is sunspot activity a factor in influenza pandemics? – Qu – 2016 – Reviews in Medical Virology – Wiley Online Library

Introduction: The 2009 AH1N1 pandemic became a global health concern, although fortunately, its worst anticipated effects were not realised. While the origins of such outbreaks remain poorly understood, it is very important to identify the precipitating factors in their emergence so that future pandemics can be detected as quickly as possible. Methords: Descriptive epidemiology was used to analyse the association between influenza pandemics and possible pandemics and relative number of sunspots. Non‐conditional logistic regression was performed to analyse the statistical association between sunspot extremes and influenza pandemics to within plus or minus 1 year. Results: Almost all recorded influenza/possible pandemics have occurred in time frames corresponding to sunspot extremes, or +/– 1 year within such extremes. These periods were identified as important risk factors in both possible and confirmed influenza pandemics (odds ratio: 3.87; 95% confidence interval: 1.08 to 13.85). Conclusions: Extremes of sunspot activity to within plus or minus 1 year may precipitate influenza pandemics. Mechanisms of epidemic initiation and early spread are discussed including primary causation by externally derived viral variants (from space via cometary dust). Efforts to construct a comprehensive early warning system for potential influenza and other viral pandemics that include analysis of sunspot activity and stratospheric sampling for viral variants should be supported.
— 読み進める onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/rmv.1887

はじめに:2009年のAH1N1パンデミックは世界的な健康問題になりましたが、幸いなことに、その最悪の予想される影響は実現されていませんでした。 このような発生の原因はまだよくわかっていませんが、将来のパンデミックをできるだけ早く検出できるように、発生の原因を特定することは非常に重要です。 方法:インフルエンザのパンデミックとパンデミックの可能性、および黒点の相対数との関連を分析するために、記述疫学が使用されました。 黒点の極値とインフルエンザの流行との統計的関連をプラスマイナス1年以内に分析するために、無条件のロジスティック回帰を実行しました。 結果:記録されたインフルエンザ/パンデミックの可能性のほとんどすべてが、黒点の極値に対応する時間枠で、またはそのような極値内で+/- 1年に発生しました。 これらの期間は、インフルエンザの流行の可能性と確認された両方の重要な危険因子として特定されました(オッズ比:3.87; 95%信頼区間:1.08から13.85)。 結論:プラスマイナス1年以内の極端な太陽黒点活動はインフルエンザの流行を引き起こす可能性があります。 エピデミックの開始と早期の広がりのメカニズムは、外部から派生したウイルス変異体による一次的な原因を含めて議論されています(宇宙から彗星の塵を介して)。 太陽活動の分析やウイルス変異体の成層圏サンプリングを含む、インフルエンザやその他のウイルスパンデミックの可能性に対する包括的な早期警報システムを構築する取り組みを支援する必要があります。

=========

太陽の黒点活動の低下する前後年とパンデミックには相関がみられる。

こういうデータからパンデミックはある程度予測が可能だったことがわかる。

さらに別の研究では春分秋分には電離層に穴が空き宇宙線や太陽風が強まることが考えられる。つまり身体に負荷がかかる。感染症が流行するのも不思議ではない。

新型コロナもこのタイミングに沿ってピークが起こっている。

A small jab – a big effect: nonspecific immunomodulation by vaccines: Trends in Immunology

A small jab – a big effect: nonspecific immunomodulation by vaccines: Trends in Immunology
— 読み進める www.cell.com/trends/immunology/fulltext/S1471-4906(13)00058-6

ハイライト

••

定期的なワクチンは、子供の無関係の病原体に対する耐性を変える可能性があります。

••

生ワクチンは、他の病原体に対する防御の強化に関連しています。

••

不活化ワクチンは、他の病原体に対する感受性を高める可能性があります。

••

「異種免疫」と「訓練された自然免疫」がこれらの影響を説明している可能性があります。

最近の疫学研究は、病気特有の効果に加えて、感染症に対するワクチンが他の病原体を処理する免疫系の能力に非特異的な効果を持っていることを示しました。 たとえば、ランダム化試験では、結核とはしかのワクチンは、全体的な乳幼児死亡率の大幅な低下と関連していますが、これは標的疾患の予防では説明できません。 新しい研究は、ワクチンの非特異的効果が、適応免疫系と無関係の病原体との交差反応性、およびエピジェネティックな再プログラミングによる自然免疫系の訓練に関連していることを示唆しています。 したがって、疫学的所見は免疫学的データによって裏付けられています。 これにより、免疫系についての新しい理解が生まれ、ワクチンによって免疫系がどのように調節されて、病気に対する一般的な耐性に影響を与えることができるかについての理解が生まれます。

Antibody-Dependent Enhancement of Infection and the Pathogenesis of Viral Disease | Clinical Infectious Diseases | Oxford Academic

Antibody-dependent enhancement of infection (ADE) is an in vitro serological phenomenon —or a group of phenomena—in which viral infection of susceptible cells is modified by the addition of virus-reactive antibody. Evidence suggests that ADE reflects immunologie processes that occur in vivo. Various severe and even fatal viral conditions of humans and animals, including dengue shock syndrome, the “early-death phenomenon” in experimental infections of immune animals, and other vaccine- and immunoglobulin-modified conditions, have been attributed to ADE by some researchers. ADE has caused great concern in relation to the development of vaccines against dengue virus and human immunodeficiency virus. More data are urgently needed on the mechanisms and determinants of ADE and on its alleged role in disease pathogenesis and in vaccine-associated phenomena.
— 読み進める academic.oup.com/cid/article-abstract/19/3/500/459343

(和訳)

抗体依存性感染増強(ADE)は、in vitroの血清学的現象、または一連の現象であり、感受性細胞のウイルス感染がウイルス反応性抗体の添加によって改変されます。 証拠は、ADEがinvivoで発生する免疫学的プロセスを反映していることを示唆しています。 デングショック症候群、免疫動物の実験的感染における「早期死亡現象」、および他のワクチンおよび免疫グロブリン修飾状態を含む、ヒトおよび動物の様々な重篤かつ致命的なウイルス状態は、一部の研究者によってADEに起因するとされている。 ADEは、デング熱ウイルスおよびヒト免疫不全ウイルスに対するワクチンの開発に関して大きな懸念を引き起こしています。 ADEのメカニズムと決定要因、および疾患の病因とワクチン関連現象におけるADEの役割について、より多くのデータが緊急に必要とされています。

Properties and function of polyreactive antibodies and polyreactive antigen-binding B cells – ScienceDirect

Properties and function of polyreactive antibodies and polyreactive antigen-binding B cells
— 読み進める www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0896841107000984

多反応性抗体と多反応性抗原結合B細胞の特性と機能

要約

ハイブリドーマ技術の出現により、個々の抗体分子を詳細に研究することが可能になりました。 これらの研究は、免疫系に対する私たちの見方を変え続けている多くの驚きを明らかにしました。 これらのどれも、多くの抗体分子が多反応性であるというデモンストレーションほど驚くべきものではありませんでした。つまり、それらはさまざまな異なる構造的に無関係な自己および非自己外来抗原に結合できます。 これらの発見は、自己反応性が一般的であり、必ずしも免疫系の禁止または病原性の特徴ではなく、天然抗体のよく知られている広範な抗菌活性が主に多反応性抗体によるものであることを明らかにしている。 この簡単なレビューでは、これらの洞察と、基礎免疫学および臨床免疫学への影響について説明します。