「健康」タグアーカイブ

【痛みとは福音なり】

患者さんとの会話の中で「痛み」の
話が出てきて少しディスカッションしていました。

痛みとは本来的には
身体に何かあることをお知らせする
「シグナル」です。

身体に異常があるのに
痛みがなければ何もわからず
そのまま放置して活動してれば
身体は崩壊する一方です。

そうさせないための”アラート”が痛みです。

身体は基本的に生命を維持するために、
つまりは”形態形成”を維持するために
修復へ向かいます。

エネルギーはそのために使われます。

外敵が侵入した場合も 
維持するために反応した結果が
高熱や炎症としてあらわれます。

自己免疫疾患や癌も維持しようと
身体ががんばり過ぎた結果です。

身体は常に戻そうと働きます。
そのために別の手段や回路を使おうとする。
そういう構造になっているのです。

そのことにちゃんと人間が気付いて
ケアしてあげないから
病態へひたすら傾く。

痛みは”アラート”であり、
そのお知らせに気付いたら
対応しなければいけません。

その点を勘違いすると 
とんでもないことになりかねません。

なんでもかんでも鎮痛剤で消そうとすると
痛みをムシすることになるので
悲惨な結末を迎えます。

フィールドを整えさえすれば
よほどの末期でなければ
病気は必ず治ると信じて病みません。

=====

アベシの潰瘍性大腸炎も
途中で辞めるほどのものではないと
いうのが最初の率直な感想でした。

完全な同情集めと言い訳でしょう。
そしてそれは見事に結果をだしている(┐「ε:)

まぁ不健全な金に汚いオジサン集団にいたら
治るものも治らないのは当然ではあります。

不健全は字のあらわす通り不健康なのですから。

もし本当に病気であるならば、
その点ではまだ彼には良心の呵責はあるのかも、
という見方もできなくはありません。

根っこから腐ってる政治家は
心が痛むなど皆無なのでストレスで
潰瘍性大腸炎になって辞めたりは
絶対ないでしょうからね。

麻生某などはストレスで
潰瘍性大腸炎には絶対に
なりそうもないでしょ(┐ε:)

【病原体×発症×無症状】

【病原体×発症×無症状】

症状がでるからこそ「病原体」であり、

無症状者にとっては「病原体」という言葉そのものが

矛盾している。

“病になっていない”のだからね。

病原体ではない。

この時点ですでに考えた方の筋道が

破綻していることに気づかなけらばならない。

このことから考えるべきことというのは、

病原体をどうしたら治められるのかではなく、

症状が出る人は何が原因なのか、

症状が出ない人は何がアドバンテージなのか

そこを考えることが問題の本質であり、

この自然界の中で無数の微生物と共生する上でも

効率的な考え方だろう。

(しかしウイルスは微生物ですらないわけだが…)

そこにフォーカスしてこなかった

メインストリームの現代医学は

おバカさんとしか言いようがない。

筋違いな前提で

枝葉のことばかりを

偉そうに議論していても

まるで意味がない。

自然の摂理を無視し

哲学を欠いた学問は

しょせんお遊びなのだ。

くだらない時間と労力ばかり強要されて

本当に辟易とする。

これはもはや、

はっきり言って訴訟ものです_(┐「ε:)_

“感染拡大”詐欺

マスコミと東京都、経産相が結託しての

感染拡大詐欺が露骨になってきましたね。

偽陽性の高いPCRを小池都知事は未だに

「積極的に受けろ(受けて感染者数を増やせ)」と言っている。

これは陽性判定をやみくもに増やすことであり、

自粛期間中と構造が全く変わっていない。

むしろ偽陽性で陽性数も増える。

本当に増えているというのならまず、検査数が大幅に増えていることを念頭にふまえて(この点を専門家と称される人は一応言及していたが、ニュースでは前後がカットされてるから脚色されてますよね)

まずは半数くらいいる感染経路不明者の内容を明らかにしなければいけない。

感染者から感染した経路が辿れなければ

それは予想にしかすぎず

「感染確定」にはならない。

この曖昧な数字(というかもはや詐欺の数字)をもって都民を脅し、中小企業店舗の経営をさらに貶めようとする行為は許されるべきものではないと思う。

商店街とかもマジで怒ったほうがいいと思うけどなぁ。

あまりに酷い_(┐「ε:)_

しかしそこにまんまと騙される愚民が

本当はもっと酷い_(┐「ε:)_

新型コロナで抑えておきたい国際情勢の流れ

2020.07.04 追記

以下、自粛当時ある程度参考にしていましたが、陰謀論者がQアノンに飲み込まれ、結局首謀者側のトランプを支持するような形になってしまっているので、ご注意ください。

善悪二元論、対立構造で争わせるのは支配者側の得意とするところです。

真の首謀者は対立構造の外で傍観していることをお忘れなく。

======

日常に追われていると疑問が生じつつも流してしまうニュースが沢山ある。

先週はここ10年の国際情勢をたまたま見かけた馬淵さんのお話を聴きながら

自分なりに噛み砕いて整理していた。

なぜそんなことをしたかというと、私も丁度ウクライナ東国でロシアとドンパチ始まってまもない頃にチェルノブイリを訪ねたからだ。

その中でキナ臭いものを実際感じていた。

訪問の一月前に現地情報を確認するために在日ウクライナ大使館を訪ねた際に、プロパガンダに協力するように頼まれたりもしたんですよね(今よく思い返せば…)

実際に現地でウクライナ人の話を聴くとマスコミで報道されてる内容とはなんだか随分差があり違和感かさらに募った。

こういう現地とメディアの肌感覚の差を知ってしまったので、いつも報道というものはかなり差し引いて見る癖がついている。

当時はぜんぜん整理しきれずに終わってしまったのだが、いま改めて馬淵さんの話を聴くといろいろスジが通ってくる。

そして戦後の国際情勢の流れを辿っていくと、いまのコロナ問題も上から横からとスケスケ透けてみえてくるものがある。

個人的には所々引っかかる点もありますが、

いまのコロナ問題はかなり複合的に問題が絡んでいる。

コロナに利益を得ようと有象無象が便乗して

どういう流れに向かおうとしてるのか、

ひとつの参考程度にはなるんじゃないかなと思います。

メディアは全くアテにならない

という大前提を抑えないと

あっちに流され

こっちに流され

一向に本質が見えてこない。

馬淵先生が「精神武装」と表現しているが、

有事の時ほど事実をながめて流れをとらえることは大切なのかなと感じます。

こいうのも心の免疫アップになる。

私もチェルノブイリの件で

ウクライナにご縁があったので

切り口が近いという理由で

参考にさせていただきました。

馬淵さんがニコニコしながらぶった斬っていく様に

はまってしまった笑。


============

「ひとりがたり馬渕睦夫」

#2★メディアと洗脳〜この世界の本当の支配者は誰か?〜

https://youtu.be/qXcnyWdLKLE

#1★2019年日本の大問題・国際政治と近現代史の新たな視点

https://youtu.be/qfwayNzWHug

#5 馬渕流!世界情勢を読み解く方法〜メディアは毎日フェイクニュース〜

https://youtu.be/NASsgr-66ok

#4 〜米露関係の真実・ウクライナ危機から読み解く・鍵はネオコン

https://youtu.be/LPP5FY-2qjk

#7 ディープステートの原点を探る

https://youtu.be/xxC2giu1bjk

#8 ディープステートの正体とは?

https://youtu.be/Z85BnnOPmZ4

#40 の番外編・未公開トーク「ロシアの中のユダヤ」ゲスト:篠原常一郎 vol.6

https://youtu.be/XYruPoTcM9g

#43 コロナ報道で隠されている真実/感染経路不明者の正体

https://youtu.be/jR1FsnC_Pic

#44 世界は三つ巴の戦争状態へ!コロナ戦争で露わになった新しい世界秩序

https://youtu.be/PXsV7OewcDQ

河添恵子 #12-1 馬淵睦夫★ディープステートと中華人民共和国の末路

https://youtu.be/kZBUkGEmbHs