「神社」タグアーカイブ

年始の独り言〜参拝で大事なこと

神さまにお願いするのはいいけどなぁ 

お願いする神さまが何の神さまかも知らないで
お願いしてもなぁ

吉野家でドヤ顔で「ピザ!!(╹◡╹)」とか言ってるようなもんだよなぁ。 

そんな奴には百歩譲っても
お冷しか出てこないだろうなぁ。 

社名も事業も知らずに
「御社に入社したいですp(・ω・)q」
とか言ってるようなもんだよなぁ。 

「うちはいつでも募集してるから
いつでもエントリーしてね」
ってパンフレットと試供品でも渡されるんだろうなぁ。 

たとえば軍神に恋愛成就祈願してもなぁ
「うむ、相手を叩きのめせばよいのじゃな」
っていうことでええんかいなぁ。 

さらにお願いする相手を知りもしないどころか、 

「どこそこの誰べいです」
それすらも名乗りもしないでお願いしても
神さまだって誰の願いなのか
わからなくなって当然だよなぁ。
意外とスカスカとスルーされてるんだろうなぁ。 

子供だってサンタに名前と住所くらいは
伝えておねだりするのにねぇ。 

一番大事なのは今年お願いした神様への
お礼参り
だよなぁ。
本来神社は感謝をしに行く場なのに
それもしないで次のお願いしてもなぁ 

神さまからしたら
「御宅の普段の人間関係って
それで成り立ってるの?」
って話になんだよなぁ。 

願かけてその結果を報告しなきゃ
自分の願かけのPDCAにもならないしなぁ。 

お礼参りって神さま報連相だと思うんだよなぁ。 

お願いをしたら報告と感謝をする
これが願かけのサイクルなんだよなぁ。
そこから次の抱負や展望へ繋がると思うんだよなぁ。 

そう考えると遠方の神社で願かけするのは
余程の覚悟じゃないと
あとが大変なんだよなぁ。 

お礼参りまでするつもりがないなら
それは結局そんなに大したお願いじゃない
ってことなんだよなぁ。 

継続は力なりって言うけど
一見さんよりは常連さんが優遇されるのは
どこでも一緒だと思うんだよなぁ。
神さまももとは人だったわけだしなぁ。 

可能力って神さまPDCAの
サイクルの中に蓄積されてるんだと
思うんだよなぁ。 

神さま報連相

暮れの山伏のひとりごとです、笑

神さまにお願いするのはいいけどなぁ

お願いする神さまが何の神さまかも知らないで

お願いしてもなぁ

吉野家でドヤ顔で「ピザ!!(╹◡╹)」とか言ってるようなもんだよなぁ。

そんな奴には百歩譲っても

お冷しか出てこないだろうなぁ。

社名も事業も知らずに

「御社に入社したいですp(・ω・)q」

とか言ってるようなもんだよなぁ。

「うちはいつでも募集してるから

いつでもエントリーしてね」

ってパンフレットと試供品でも渡されるんだろうなぁ。

たとえば軍神に恋愛成就祈願してもなぁ

「うむ、相手を叩きのめせばよいのじゃな」

っていうことでええんかいなぁ。

さらにお願いする相手を知りもしないどころか、

「どこそこの誰べいです」

それすらも名乗りもしないでお願いしても

神さまだって誰の願いなのか

わからなくなって当然だよなぁ。

意外とスカスカとスルーされてるんだろうなぁ。

子供だってサンタに名前と住所くらいは

伝えておねだりするのにねぇ。

一番大事なのは今年お願いした神様への

お礼参りだよなぁ。

本来神社は感謝をしに行く場なのに

それもしないで次のお願いしてもなぁ

神さまからしたら

「御宅の普段の人間関係って

それで成り立ってるの?」

って話になんだよなぁ。

願かけてその結果を報告しなきゃ

自分の願かけのPDCAにもならないしなぁ。

お礼参りって神さま報連相だと思うんだよなぁ。

お願いをしたら報告と感謝をする

これが願かけのサイクルなんだよなぁ。

そこから次の抱負や展望へ繋がると思うんだよなぁ。

そう考えると遠方の神社で願かけするのは

余程の覚悟じゃないと

あとが大変なんだよなぁ。

お礼参りまでするつもりがないなら

それは結局そんなに大したお願いじゃない

ってことなんだよなぁ。

継続は力なりって言うけど

一見さんよりは常連さんが優遇されるのは

どこでも一緒だと思うんだよなぁ。

神さまももとは人だったわけだしなぁ。

可能力って神さまPDCAの

サイクルの中に蓄積されてるんだと

思うんだよなぁ。

筑波山で感じた修験の足跡

筑波山は中世期に修験道が盛んになったようですが、神仏分離以降で修験はなくなってしまった山です。(というより奈良時代にはすでに行楽地だったらしく、行者が厳しい修行をする格式の高い霊山とはちょっと雰囲気が異なる印象を受けてます)

とはいえ女体山側には沢山の磐座のような岩が沢山鎮座し、修験行者が修行したのも頷くような風景が至る所にありました。

つつじヶ丘駅から出発。 続きを読む 筑波山で感じた修験の足跡

与瀬神社から陣馬山へ

2017年12月23日。

今週は相模湖まで足を伸ばし、与瀬神社〜明王峠〜堂所山〜〜明王峠〜陣馬山〜与瀬神社というルートで法螺貝携えて山を歩いてきました。

まず与瀬神社。ここはかなり穴場です。古くより民間信仰によって建立されたらしいこの神社は与瀬大権現が祀られ、境内の手前には隋神門が。神社の手前には金峰山慈眼寺があるなど神仏習合、修験道を感じさせるステキな神社でした。

一の鳥居をくぐると歩道橋で中央道を渡って境内へ入る変わった作り(実は昔から中央道通る時にこの神社とお寺が気になっていた)これも参道が分断されてしまっているんだなとちょっと悲しくなりました。裏高尾に続き、なんだかこの界隈の山の傷を見せられているようです。

社務所も誰もいない雰囲気。

慈眼寺の門と並ぶ木の鳥居はかなり古めかしく歴史を感じさせます。(表札も「与瀬◯神社」と書いてありきになる)

しばらくいくと愛宕神社を彷彿させるいきなり急な階段。「これ、修験道の匂いがするなぁ」と思いながら登ると隋神門がある。これって権現様のお宮だよね。

日本武尊が御祭神。そういえばこの日は23日、今上天皇の生誕日。

ここで天津祝詞と法螺貝を奏上する。神様の前だと下手ながらに一応最後まで法螺貝を鳴らせるから不思議なものです。

境内はかなり広く摂社末社がいくつかあった。(それぞれが何なのかわからないものもいくつかあった)

この石穴に祀られている神様だけ他より特別な感じ。幸の神。

お宮に向かって左手に陣馬山、明王峠行きの登山道がある。

登るといきなり岩場の道が急勾配に。ここから一気にあがっていきます。少し上がればすぐ相模湖が見渡せます。

登りが終わると平坦な林道がひたすら続く。

終盤に分かれ道があり矢の音峠へ向かう道はかなりの急勾配。そこをひたすら登ると少し開けた場所に。

林道を抜け車道に合流すると、また急勾配になり明王峠はすぐそこに。

明王峠には茶屋がありますが、この日は営業していなかったようです。茶屋の裏手にお不動様が祀られています。戦国時代に戦勝祈願で武田不動明王をお祀りしたようです。

ここから堂所山へ向かってみる。30分ほどで着いたけど、特別見晴らしがいいという感じではなかった。ここも武田軍が鐘つき堂を建てた跡地らしい。

休憩していたおじさんに「それ法螺貝ですか?修験ですか?」と声をかけられた。

堂所山から明王峠に戻り、さらに陣馬山まで足を伸ばしてみる。約2.5km。ここも40分くらいだったろうか。着くと陣馬高原からは龍が舞い降りる富士山が見えました。

茶屋のいい感じのおじいちゃんに「ありゃあ、たいした法螺貝だなぁ」と声をかけられた。修験をやってたどこかのおじいさんのお下がりですからね。年季が入ってるのは見てもわかるのだろう。

ここら高尾行きのバス停へ降りるか迷ったけど、与瀬神社で締めくくりたいと思い、もときた道を戻る。

最後は富士山方面から伸びる放射状の雲。

今回の与瀬神社からのルートはなかなか良い感じでした。ここの山自体がかなり切り立った形なので下に相模湖を眺めるその景色は伊豆半島の様な、海と山が一体になったような山岳信仰を連想させるものです。高尾山周辺は武田や北条所以の言い伝えが目立ちますが、八王城址の深沢山は913年に華厳菩薩妙行が牛頭天王と八人の王子を感得したりと古くから修行に入った山々が連なるようなのでもっと探せば修験道の名残が見つかりそうです。

相模湖周辺のお山、掘り下げていきたいです。

高尾山と比べて感じた違いは別記所感にて。