祈祷、先祖供養、使わなくなった神棚、お宮、仏壇、仏像、法具など気になることがあればご相談ください。

ウクライナ、チェルノブイリ訪問

先週ウクライナへ行ってきました。
チェルノブイリもしっかり見てきました。
後半はキエフの西にあるジトーミルで今尚放射能の影響に苦しむ方々の厳しい現実も。

色々と考えさせられる内容となりました。
少しずつレポートさせていただきます。
写真 のコピー

ウクライナ語入門へ

来月ウクライナへ行くにあたり、取り急ぎ英語を2ヶ月前からスクールに通って勉強しているのですが、そもそもウクライナで英語の浸透率は日本で英語がどれくらい通じるか程度のものと聴いてます。さらに全く文字も読めないのであれば、それはまずいだろうということで、せめて文字列を読めるだけにはしておきたいと思い、参考書を探しました。

関連書籍自体が少ないらしく代表的なものは以下の2つのようです。

今回は付属CDと内容を見てニューエクスプレスを選びました。
こちらの書籍は「ウクライナ語入門」を受けて書かれたようなので、エッセンスが要約されているものと判断しました。

あとは単語帳としてはこちら。

シンプルな作りですが、1500語という豊富な単語数とロシア語との違いについて述べている点などで一番良さそうです。

ウクライナはロシア語も通じるので、汎用性の高いロシア語とどちらを学ぶべきか迷いましたが、現在私がやりとりをしているジトーミル(Zhytomyr)の団体から送られて来た地元住人の手紙などはウクライナ語で書かれていたので、ここはやはりウクライナ語だろう、という判断です。
ロシアともめてるわけですし。

ぼちぼち学習を進めていきます。

在日ウクライナ人の心中

6/29〜7/7の日程でウクライナのチェルノブイリとジトーミルへ行きます。
目的はこちら→「ドミトロちゃんを救おう!」

5月に入ってから外務省や大使館など主要機関を尋ねて情報収集していましたが、先日はウクライナ正教会の礼拝へ参加させて頂きました。(人の輪ネット・能登さん、連れて来て頂きありがとうございました。)

前半は二人しかいなかったので私のウクライナ訪問のために祈ってくださり、心構えも説いていただきました。

人を助けるためにいくのならば、正義を曲げずにそのまま接して欲しいと。
そうすれば向こうも必ず答えてくれる。
そういう人達が集まってくる。

そのなかでポール神父は
「日本の学者やマスコミはウクライナとロシアの問題を理解していない」
と仰ったので「おや?」と私は思いました。
数日前、在日ウクライナ大使館で同じようなセリフを聴いたからです。
「日本のジャーナリストは今回の(ウクライナとロシアの)闘争の根幹を理解していない」と。
実はこの言葉がずっとひっかかっていたので、ポール神父からこの話しが出て来た時、この言葉の真意に迫るこの上ないチャンスだと思いました。

礼拝後に、ポール神父に「大使館であなたと似たようなことを言われた」と話しました。
ポール神父曰く、日本にいるウクライナの研究者はロシア研究者に比べるとはるかに少なく、指折りで数えるほどしかいないそうです。
そんな情報源しかない状況で、ろくに調べもせず、ロシア側の立場の情報だけで報道している日本のマスコミに対して「日本はわかっていない」というもどかしさを感じているようでした。

先の説教でも「ユダヤ人とサマリア人」のそもそもの話を引き合いに出し、ウクライナとロシアも元は一つの民族だったのは確かだが、「今」は違う。
ウクライナとしてのアイデンティティーが確率されているのだから、ドネツクの投票率75%にしても明らかな嘘だ、侵略をウクライナ人が容認するはずがない。
ウクライナ国家としてのアイデンティティーが確率されているのだから、それに対しての侵略は許せるものではないと。
日本は今回の問題に対して「戦争」という言葉を使いたがらないが、これは「戦争」を仕掛けられているんだと。

これって、日本人としてのアイデンティティーを持っている我々だって同じことだと思うのです。
平和ボケしてる日本人ですが、やはりいざ日本そのものを実力行使で否定されたら黙ってはいないと思うのです。そういう立場にたって物事考えられるかだと思うのですが。

まあ日本のマスコミはもはやクズ同然の役立たずなので、仕方ないのかもしれませんが、ウクライナの方々はそこを理解されていたほうが良いのかな、などと思いました。日本のマスコミはあてにしないほうがいい。

芝公園聖オルバン教会にて
芝公園聖オルバン教会にて
芝公園聖オルバン教会にて
芝公園聖オルバン教会にて
ポール神父と

人生修業三昧なり。山岳信仰の里の行者です。山伏でもあります。